ノーコードでマッチングアプリは作れる?おすすめツールと開発事例7選

こんにちは!EPICs合同会社です。

近年のIT化に伴いアプリ開発を検討する方も非常に増えているかと思います。その中でも特に需要が多いものの一つが「マッチングアプリ」です。

しかし、いざアプリを開発しようとするとこんな悩みが出てくることもあるでしょう。

  • 「開発費用が高すぎてなかなか発注できない、、、」
  • 「どのような点に注意して発注すればいいかわからない、、、」
  • 「どのツールで開発を依頼すればいいの?

そこで今回は、ノーコードツールマッチングアプリが作れるのか?という問いへの回答と、マッチングアプリを作る際のおすすめツールやメリット/デメリットについて解説をしていきます!

「発注時によくあるミス」などもお伝えしますので、イメージ通りの開発をする助けとなれば幸いです。

本記事の流れはこちらです!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

ノーコードでマッチングアプリ作成は可能?

ノーコード開発とは、コーディングを行わずにアプリケーションやウェブサイトを作成できる方法。

結論から申し上げると、「ノーコードでマッチングアプリを制作することは十分可能」です。

比較的予算や開発期間を抑えることができ、何千万もかかるスクラッチでの開発は検討が難しいというベンチャー企業や中小企業の方でもマッチングアプリを作ることが可能です。

費用が安いため、ノーコードは「とりあえずアイデアを試したい」「新規サービスを早くリリースしたい」というケースにおいては、非常に有効な手段となります。

マッチングアプリの開発費用相場

通常のスクラッチ開発の場合、マッチングアプリを開発をする場合は、最低限の機能に絞っても400~500万円

少し機能を拡充すると1000万円は超えてきてしまうと言われています。

例:エンジニア1人当たりの人件費80万円で3名アサインして6か月で開発した場合

800,000円(人件費/月)×3(担当者数)=2,400,000円

2,400,000×6か月=14,400,000円

1000万円を超えるとなるとなかなか開発を検討することが難しいケースも多いでしょう。

しかしノーコードツールを使用すれば、1/5~1/10ほどのコストで開発を行うことが可能です!

ノーコードなら安く開発できる理由

ノーコードツールはスクラッチ開発のように多くの人員を必要とせず、短い期間で開発ができるため「短期間で低予算の開発」を行えます!

ノーコードでマッチングアプリを作るメリット

ノーコード開発には、多くのメリットがあります!

これにより、特に予算や技術的は部分に不安のある企業様にとって、アプリ開発がぐっと身近なものになります。

ノーコードでマッチングアプリを作るメリット
  • 費用が圧倒的に安い
  • 開発期間が短い
  • 公開後も維持がしやすい

費用が圧倒的に安い

ノーコードでの開発は、基本的にコーディングを必要としないため、開発にかかる費用を大幅に削減できます。例えば、外部の開発会社に依頼すると数千万円かかることも珍しくないアプリ開発が、ノーコードなら1/5~1/10程度の費用で開発が可能になります。これは、特に資金調達が難しいスタートアップ企業や、コストを抑えて新しいサービスを試したい中小企業にとって大きな魅力なりそうですね!

開発期間が短い

ノーコード開発は、複雑なコードを一から書く必要がないため、開発期間を大幅に短縮できます。通常、アプリ開発には数ヶ月から数年かかることもありますが、ノーコードを利用すれば、数週間から数ヶ月でアプリをリリースできる可能性があります。これにより、市場の変化に迅速に対応し、競合他社よりも早く市場に新しいサービスを提供することができます!

公開後も維持がしやすい

ノーコード開発されたアプリは、その構造上、保守やアップデートが容易です。

そのため保守運用にかかる費用も抑えることができ、必要に応じて機能の追加や改善を行えます。長期にわたるアプリの運用において、コスト削減だけでなく、柔軟な対応を可能にする大きな利点ですね!

以上のように、ノーコードでマッチングアプリを作ることは、費用の削減、開発期間の短縮、運用の容易さという、特にベンチャー企業や中小企業にとって重要なメリットを提供します。これらのメリットにより、技術的な障壁を乗り越えて、新しいビジネスチャンスを掴むことが可能になります。

ノーコードでマッチングアプリを作るデメリット

ノーコード開発が多くのメリットを提供する一方で、いくつかのデメリットも存在します。これらを理解することは、アプリ開発の過程で直面するかもしれない課題に備えるために重要です。

ノーコードでマッチングアプリを作るデメリット
  • 複雑すぎるアルゴリズムのアプリは作れない可能性がある
  • 大規模なアプリの場合は注意が必

複雑すぎるアルゴリズムのアプリは作れない可能性がある

ノーコードプラットフォームは、非常に複雑なアルゴリズムを必要とするアプリや、特定の技術的要件を満たす必要があるアプリの開発には向いていない可能性があります。たとえば、高度なデータ分析やAIを用いたマッチング機能を持つアプリを開発したい場合、ノーコードだけで全てを実現することは難しいかもしれません。

大規模なアプリの場合は注意が必要

ノーコードは、小規模から中規模のプロジェクトには非常に適していますが、大規模になると、いくつかの問題が発生する可能性があります。

例えば、数十万人のユーザーをサポートするようなアプリを開発する場合、パフォーマンスの問題や、ノーコードプラットフォームの制限に直面する可能性があります。

このような場合、初期段階では予算、期間を抑えてノーコードでプロトタイプを作成し、後にスクラッチで再開発するというアプローチがとても有効です。

これらのデメリットを踏まえることで、ノーコード開発が最適かどうか、より良い判断ができるようになります。

特に、アプリの規模や複雑さ、カスタマイズのニーズに基づいて、ノーコード、ローコード、またはスクラッチでの開発などのアプローチの中から最適な選択をすることが重要です。

通常の1/10の低予算・数週間でアプリ/システムを開発

①ノーコード特化の豊富な開発実績
ノーコード開発に特化しマッチングアプリやSNSアプリなど様々な開発実績がございます!
豊富な経験をもとに開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

ノーコードツールの選び方

ノーコードとひとえに言っても特徴は様々で、「どのツールで開発をすればいいかわからない」という方も少なくないでしょう。

ここではノーコードでマッチングアプリを開発する際に見るべきポイントをお伝えします!

  • 機能の豊富さ
  • カスタマイズ性
  • 耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

機能の豊富さ

機能の豊富さには2点のポイントがあります。

  • データの出し入れなどの柔軟性(アルゴリズムを柔軟性をもって組めるか)
  • 外部サービスとの連携

上記の2点が優れているほど拡張性が高いので、非常に多様な機能を実現することができます!

「データの出し入れなどの柔軟性」は、データベースに加えたデータにどの程度柔軟に条件付けをして出し入れができるかという内容です。

データの出し入れなどの柔軟性が高いほど様々なアルゴリズムが組めるので、複雑な仕様にも対応しやすくなります

「外部サービスとの連携」はAPI連携が柔軟に行えるか?またプラグインがどれほど拡充しているか?という観点です。

スクラッチ開発にも言えることですが、自社のアプリ内ですべての機能を開発するとコストが高くなってしまうため、外部サービスと連携することもしばしばあります。

その際にAPI連携が行いやすかったり、プラグインが豊富に用意されているとより実現できることが多くなります。

カスタマイズ性

機能面のカスタマイズ性については、上記の「機能の豊富さ」でお伝えしているので、ここでのカスタマイズ性とはデザイン面でのカスタマイズ性です。

ツールによってデザイン周りの作り方も違うため、できるデザインとできないデザインもツールによって異なります!

構成もそうですが、レスポンシブの対応有無も違うので使用予定のデバイスや希望とするデザインイメージがある場合は、先に開発会社に伝えておくとよさそうですね!

耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

ノーコードツールとして認知があり、多く使用されているものであれば致命的に耐久性や安全性が低いということはまずないですが、やはりこちらもツールによって異なります!

ノーコードツールによって、大きくは「自社サーバー」「AWS」「Fire base」のいずれかの使用が多いです!

まだ開発の依頼、また開発を行ったことがない方はピンとこない部分もあるかもしれませんが、3つとも少し特性が違うので、どちら使っているかは把握しておくと良いでしょう!

またパスワードの管理などセキュリティ面の管理もツールによって違いが出るポイントです!

マッチングアプリに適した・適さないツールは?

ノーコードプラットフォームを選択する際には、そのプラットフォームが特定のプロジェクトのニーズに合っているかどうかを考慮することが重要です!

特にマッチングアプリの開発においては、選択するツールがアプリの成功に直接影響を及ぼすので、しっかりと各ツールの特徴を抑えておきましょう!

拡張性や柔軟性も求めるなら適しているのは「Bubble」

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

Bubbleは、柔軟性と拡張性がとても高いツールです!

豊富な機能やプラグインが用意されており、ある程度の複雑なロジックや自由なデザインも実現可能です。10万人以上のユーザーが利用するアプリの開発事例もあり、その耐久性と拡張性はノーコードツールの中でもトップクラスです。

そのためBubbleは、デザインの自由度が高めたい、また比較的複雑な機能やデータベースの操作が必要なマッチングアプリに特に適しています!

シンプルなマッチングアプリに適しているのは「Adalo」

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

Adaloは、特にスマートフォンアプリの開発に特化しています。

Bubbleに比べると機能は若干限定的ですが、リーズナブルな価格で、アプリ開発を行うことできます。

Adaloは、シンプルなマッチングアプリや、初期段階での開発に最適です!

注意が必要なツールはGlide

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

Glideは、主にGoogleスプレッドシートをデータソースとして使用することでアプリを迅速に構築できるツールです。

非常に簡単に使い始めることができる一方で、機能の豊富さやカスタマイズの面では他のツールに比べて制限があります。

アプリストアへの公開が直接サポートされていないため、大規模なユーザーベースを対象としたマッチングアプリの開発には適していません。

しかし、最初のプロトタイプ作成やアイデアの検証には有用であるため、アプリ開発の初期段階では役立つ場合があります。

各ツールはそれぞれ異なる特徴を持っており、プロジェクトの目的や規模、開発者のスキルレベルに応じて適切なツールを選択することが重要です。

BubbleやAdaloのように多機能なプラットフォームは、複雑な要件を持つアプリに適していますが、Glideのようなシンプルなツールも、特定の状況下で非常に有効です。

マッチングアプリの開発を依頼する際の注意点

具体的な開発ツールを検討する前に、まずは開発全体としてマッチングアプリの開発を依頼する際の注意点をお伝えします。

細かいことを言えばたくさんありますが、特に多いのが以下の4つになります。

マッチングアプリの開発をする際の注意点
  • 必要な機能群や優先順位の整理をしっかり行う
  • 開発に使用するツールを厳選しておく
  • 耐久性の確認も行う
  • 追加開発時に機能を拡張できるか確認しておく

必要な機能や優先順位の整理をしっかり行う

まず必要なのは、必要な機能や優先順位の整理をしっかりと行うこと。

ぼんやりとマッチングアプリを作りたいと思っていても、アプリ内の機能は大小あれど様々!

あれもこれもと付け足していると「予算が莫大」になってしまったり「アプリ自体がわかりにくい」状況になってしまいます。

そのため、開発したいアプリの用途や目的、目的を明確化させて必要機能の絞り込みや優先順位付けをすることがとても重要です!

開発を何度も経験している方であれば、絞り込みましょう!で話は終わりますが、「初めて開発を依頼する方」や「まだ慣れているとまでは自信がない」という方もいるでしょう。

そういう時は最初の機能の絞り込みや要件定義から、相談をしてみるといいと思います!

開発に使用するツールを厳選しておく

次に大切なのは、開発に使用するツールを把握したうえで、何で制作していくか厳選すること。

スクラッチでの開発にせよ、ノーコードでの開発にせよ、どんなツールを開発をするかによって費用や特徴は大きく異なります。

このあたりも自社内での判断が難しい場合は、複数開発ツールの扱える開発会社などにそれぞれのツールの特徴を相談してみるのもいいと思います!

また本記事にてマッチングアプリと相性のいいノーコードツールの紹介もしておりますので、是非そちらも参考にしてみてください!

耐久性の確認も行う

また、耐久性の確認も大切です。

耐久性というのは、「最大でどの程度のトラフィックが想定されるか。」「どのほどのユーザーがアクションをする可能性があるのか」などの観点のこと。

アプリを運営していくうえで事前に耐久性を考慮しておかないと「ユーザーが増えてきて、まさにこれから」というときに思わぬエラーや動作の重さによりユーザーが離れてしまいかねません。

そのため耐久性も重要な検討材料と理解しておきましょう!

追加開発時に機能を拡張できるか確認しておく

使用する予定のツールで、今後拡張する可能性のある機能を問題なく実装できるかも確認しておきましょう。

ユーザーが増えていくにつれて機能の追加をすることも想定されるでしょう。

その際、初期開発時点での開発は問題なく行えても追加開発時に思っていた機能が実装できない。という可能性もあります。

そのため該当のツールでどの程度まで運用を続けていくのか?など機能の拡張性も考慮しておくといいでしょう。

マッチングアプリによくある主要機能

マッチングアプリでは、通常はどのような機能を実装するのでしょうか?

検索やマッチング

  • 様々な条件による検索
  • 表示ユーザーの管理
  • 双方からの「いいね」などのマッチング

マッチングアプリの主要機能はなんと言ってもマッチングや検索機能でしょう。

希望する検索条件や表示アルゴリズムに耐えうるツールなのか?も開発を検討するうえで重要な材料ですね!

チャット周り

  • メッセージや画像、動画などの送受信
  • チャット相手の表示

チャット周りの機能もUXへの影響が大きなものになるかと思います。

評価機能

  • 双方の評価
  • 評価によるユーザー表示方法の変更や優遇
  • ユーザーごとの評価の表示

最近だとマッチング相手の評価をする機能も増えているかと思います。

された評価がアプリ内でどのように影響をするかも事前に考えておくと良いでしょう。

ユーザー情報

  • ユーザープロフィールの収集/表示/変更
  • ログイン/ログアウト
  • 退会処理

ユーザー情報も重要な機能の一つです。

どのような情報を収集し表示させるのか?も早めに決めておけるといいでしょう。

決済

  • カード等による決済
  • サブスク/都度払いの処理
  • キャンセルポリシー

アプリの用途によっては、アプリ内で決済を行うこともあると思います。

決済に伴う返金や規定なども思案する内容になりますね!

ノーコードで開発したマッチングアプリの成功事例7選

ノーコード開発ツールを使用して成功を収めたマッチングアプリの事例は、ノーコード開発が実際に有効であることを示しています!どのような開発ができるかをイメージするうえで是非参考にしてみてください!

成功事例1. Reachr (企業とインフルエンサーのマッチングアプリ)

Reachrは、企業が自社のマーケティングニーズに合ったインフルエンサーを見つけることができるマッチングアプリです!

このアプリは、公開されてからわずか3か月で収益化に成功し、現在でも世界中に多くのユーザーを保有しています。開発にはBubbleが使用され、柔軟性と拡張性ともにとても優れたアプリとなっています!

運営者は、ノーコードプラットフォームであるBubbleを選んだ理由として、機能の追加やプラットフォームの柔軟な変更が容易であること、デバッグが簡単でデザインの自由度が高いことを挙げています。

下記Bubbleの公式ページにて、公開されている運営者のインタビュー記事です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノーコードのプラットフォームなので、簡単に機能を追加でき、プラットフォームを柔軟に変更できます。またデバッグも簡単で、デザインも非常に柔軟です。Bubbleのおかげで、多くの制限を受けることなくReachrのビジョンを実行することができました。

参考:Bubble App of the Day: Reachr

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に弊社も上記のようなアプリを作ってほしいという依頼を受けたことが何度かあるので、マッチングアプリが作れるということがわかる事例として非常にいいですね!

成功事例2. JNAC (クリニックと看護師のマッチング+看護師の管理アプリ)

JNACは、弊社の開発事例になりますが、フリーランスの看護師とクリニックをマッチングさせるアプリです!

クリニックと看護師が自由にマッチングでき、仕事の受発注が行えるほか、看護師から管理者への終了報告等の管理機能も備えています。管理者側では、看護師の管理や契約、売上管理の機能も実装されており、開発期間は3か月、開発費は800,000円ほどで開発をした事例になります!

現在は看護師と整形外科をメインとしたクリニックでご活用いただいております!

成功事例3. SPOTTO (就活生と企業をつなぐマッチングアプリ)

SPOTTOは、就活生と企業を繋ぐマッチングアプリで、国内で初めて買収が成立したノーコード開発の事例にもなりました。現在はサービスを提供しているようですが、買収企業の代表は、ノーコード開発されたアプリであるにも関わらず、クオリティが高く、ノーコードだと気づかないほどであったため、買収を決めたと述べています。

引用:https://tokyofreelance.jp/nocode-interview/

参考:日本初のノーコードアプリ買収となった「SPOTTO」の開発秘話を徹底取材!

成功事例4. GO∞EN

GO∞ENは、弊社にて開発をさせていただいた共通の目標や夢を持つ人々を繋ぐマッチングアプリです!

特にチャット機能に注力し、まるでLINEのようなチャット周りの機能を実装しており、ユーザー同士のコミュニケーションが拡充されている点が特徴です!

こちらはBubbleを活用して開発をしており、アイデアの段階から具体的な開発に至るまで、トータルで3か月の開発期間は!開発途中で細かい要望もありましたが柔軟に対応できるBubbleを開発ツールに選択していたため、スムーズに対応ができれ事例です!

GO∞ENの開発事例詳細はこちら

成功事例5. First Look

First Lookは、Glideを使用して開発された、野球選手とコーチを繋ぐマッチングアプリです!

ユーザーはマッチング後は、動画やチャットを通じて技術指導を受けることができます。

特にGlideを使用した理由は、その使いやすさと迅速な開発が可能な点とのことでした!

非常に多くの動画も格納されているため、その点の耐久性などはノーコードでも対応ができることがわかる事例ですね!

成功事例6. PRE DENTAL

参照:https://pre-dental.studio.site/

PRE DENTALは、ユーザーと歯科衛生士のマッチングを可能にするアプリで、Adaloを使用して開発されています!

このアプリでは、地域や悩みに基づいた検索条件を設定し、最適な歯科衛生士を見つけることができます。Adaloの直感的なインターフェースと高いカスタマイズ性が、特にヘルスケア分野のニーズに応える形で活用されていますね!

成功事例7. カベウチ

参照:カベウチ

カベウチは、ユーザーと専門家のWebflowで作られたマッチングアプリです!

例えば起業を目指す人と業界の専門家でマッチングすることなどができます。Webflowは主にWebアプリの開発に適しているためパソコンでの操作をメインとするToB向けのサービスなどには向いていそうですね!

アプリ・Webサービスの開発相談はこちら

EPICs合同会社ではAdalo、Bubble、Flutter Flow、STUDIO、Glideなど様々なノーコードツールを活用しています。

ノーコード開発を行うことで、皆様のアイデアをより簡単に迅速に形にすることができるかと思います!

また弊社はスタートアップ、中小企業、新規事業でのアプリ開発に強みを持っており、アイデアベースから伴走をしていくことも可能です。

アプリやWebサービスの開発をご検討の方はぜひお気軽にこちらからご相談ください。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次