ノーコードで業務アプリを開発!成功事例5選とおすすめツールを紹介

こんにちは!EPICs合同会社です!

最近はDX化やあらゆる面で業務の効率化が求められているかと思いますが、その中で業務アプリやシステムの開発を検討している方も多いと思います。

しかし開発となるとネックになるのが「予算」「費用」ですよね、、、

その中で注目が集まっているのがノーコード開発です!

本記事ではノーコード開発を用いてどのような開発ができるのか?などノーコードでの業務アプリ開発に伴うお悩みを解消できるような情報をご紹介していきます!

ノーコード全般の開発事例は以下の記事でも解説しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください!
ノーコードで作られたアプリの成功事例44選【タイプ別に紹介】

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

もっと知る →

そもそもノーコード開発とは

ノーコード開発とは、従来の開発では必須だったコーディングの工程を削減して開発ができる技術のことです。

通常、ソフトウェアを開発する際には、専門的なプログラミング言語を学び、コードを書く必要がありますが、ノーコード開発ではそういった作業を省略できるため、より短期間で、より低予算で開発を行うことが可能です!

ノーコードツールを活用することで、今まで「予算」や「期間」の問題で開発に踏み切れていなかった中小、ベンチャー企業の方も、新しい技術を導入しながらもコストを抑えつつ、ビジネスの効率化を図ることができそうですね!

ノーコードとローコードの違い

ノーコード開発は、基本的には全くプログラミングを行わずにアプリケーションやウェブサイトを作成する方法です。これに対してローコード開発は、プログラミングの必要性を大幅に減らすものの、完全にゼロではありません

ローコード開発では、一部のカスタマイズや特定の機能を実装するために、少量のコード記述が必要になることがあります。

この違いは、開発者や企業がプロジェクトの要件に応じて適切なツールを選択する上でとても重要です!

ノーコードとローコードで予算、開発期間、得手不得手も異なるので、これらの選択肢を理解することで、自社のリソースに合わせた最適な開発手法を選ぶことができるようになります!

そもそも業務アプリとは

業務アプリとは、企業が日常の業務を効率的に運営するために使われるソフトウェアアプリケーションのことを指すことが多いです!

代表的なものとしては、以下のような機能が含まれます。

  • 顧客情報の管理
  • 在庫管理
  • 受注処理
  • 給与計算
    など

業務アプリを利用することで、手作業で行っていた上記のような作業を自動化し、時間とコストを削減しながら、作業の正確性を向上させることが可能になります!

限られたリソースの中で最大の効果を発揮するために業務アプリが非常に役立ちます!

業務アプリを導入することで、経営者、または管理者も日々の運営がよりスムーズになり、戦略的な意思決定など他のもっと大切な業務に集中できるようになるため、ビジネスの成長に直接的に寄与できるようになるでしょう。

ノーコード開発ツールを使えば、これらの業務アプリを簡単かつ迅速に構築することができ、さらに経営の効率化を図ることが可能です!

ノーコードで制作できる業務アプリの種類

ノーコード開発ツールを用いることで、様々な業務アプリを制作することが可能です!

代表的な例としては、以下のような機能を持つアプリが開発可能です。

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 在庫管理
  • 受注管理
  • 財務/会計
  • 人事給与
  • 営業システム
  • 情報系システム
    など

上記のような、幅広い機能を持つアプリの開発が可能です。

ここからは、以上で挙げたノーコードで開発が可能な業務アプリのの機能のうち代表的なものを1つ1つ解説していきます。

販売/在庫管理

たとえば、飲食店や小売店では、オーダー管理から在庫管理までのプロセスを一元管理できるアプリが求められることが多いです!

ノーコード開発ツールを使えば、これらの業務を自動化し、日々の在庫調整を効率化することができます。

発注周りの業務をアプリで一元管理することにより、過剰在庫や品切れを防ぐことなども行えます!

受注管理

昨今は多くの企業でデータ管理への意識が高まり、受注内容や顧客データを効率的に管理するアプリが重宝される機会が増えました。

顧客からの注文をリアルタイムで確認し、それに応じた生産スケジュールの調整や在庫管理行うなど、業務の迅速化が図れるようなアプリもノーコードで開発が可能です!

人事給与

人事/経理部門で発生することが多い、給与計算や売上の管理など、複雑な計算が求められる業務に関するアプリやシステムもノーコードで容易に開発することできます。

人事関連のデータ管理と処理の時間を大幅に削減することで、人事担当者がより戦略的な業務に集中できるようになりそうですね!

営業システム

顧客リストや担当者の管理、営業の進捗状況を一元管理するシステムもかなり一般的になってきているように感じます。

こういった業務の効率化に対しても、ノーコードツールで営業活動の各段階を追跡し、効果的なフォローアップなどを行えるアプリやシステムの開発が可能です!

情報管理系

企業内のマニュアル整備やイベント管理など、社内情報を一元的に整理・管理するシステムもノーコードで簡単に作成できます!

このようなアプリやシステムを活用することにより社内のコミュニケーションが向上し、業務効率アップが期待できそうですね!

いくつか開発が可能な業務アプリの事例を紹介させていただきましたが、ノーコードツールを使うことで、これらの業務アプリを短期間で開発し、中小、ベンチャー企業でも予算を抑えて業務効率の向上、DX化を実現することが可能になります。

業務アプリ制作にオススメなノーコードツール5選

業務アプリを制作する際には、その用途や求められる機能に応じて最適なノーコードツールを選択することが重要です。

ここでは、異なるニーズに応えることができる、オススメのノーコードツールを5つ紹介していきます!

Bubble

Bubbleは、カスタマイズ性と柔軟性が非常に高いため、シンプルなものかた複雑な業務アプリまでを幅広く対応できることが特徴です!

またマルチデバイス対応が可能で、PCやスマートフォンでの利用を想定したアプリが作れます。

非常に機能も豊富なため、ある程度高度なロジックの業務アプリも実装することができます!

Adalo

Adaloは、機能がシンプルでスマートフォンやタブレットを主体にしたアプリを短期間で開発したい場合におすすめです!

豊富なテンプレートとドラッグアンドドロップ式のデザインツールを提供しており、スピード感のある開発が行えます!

Glide

使用範囲が限定的で、短期間で簡易的なアプリの開発の場合はGlideがおすすめです!

Glideはスプレッドシートににデータを打ち込みアプリを開発もするということも出来るため、業務内でスプレッドシートを使っていて、そのオペレーションをあまり変えたくない場合は相性がいいかもしれないですね!

kintone

日系企業のサイボウズが提供しているノーコードツールです。

アプリではなく、がっつり業務システムを作りたい場合にはkintoneもおすすめです!

さまざま業務管理システムに使えるテンプレートが用意されており、組み合わせることでシステムが作れるのが特徴です。

bubbleやadaloなどと比べると少し利用料が高い点とkintoneはノーコード+ローコードツールのためカスタマイズする際はコーディングが必要になることも多い点は注意点として覚えておくといいでしょう!

Flutter Flow

Flutter Flowは厳密にいうとローコードツールですが、ノーコード要素も強いので紹介させていただきます!

Flutter FlowはGoogleが提供しているサービスでFlutterをベースにしたモバイルアプリの開発が得意なツールのため、業務アプリではあまり頻繁には使われませんが、メリットとしてはFlutter Flowで開発したものをFlutterのソースコードにして落とすことが可能です!

そのためゆくゆくはFlutter開発を検討している場合はおすすめです!

ツールを選択する際には、実際にどのようなアプリやシステムを作りたいのか、どれくらいの規模感で運用したいのかを考慮することが重要です!

各ツールの特徴を理解し、自社のニーズに最適な選択をすることで、効率的かつ効果的な業務アプリの開発が可能となります!

ノーコード受託開発会社を選ぶ時のポイント3つ

ノーコード開発を外部の会社に依頼する場合、適切な開発会社を選ぶことが成功の鍵。

以下にて、ノーコード受託会社を選ぶ際に考慮すべき3つの重要なポイントをご紹介します!

1.複数ツールを扱えるか

受託会社が複数のノーコードツールを扱っているかどうかは、その会社が柔軟に対応できるかの指標となります。

一つのツールに限定されず、プロジェクトの要件に最適なツールを選ぶことは、コストを抑え、開発の質を向上させることにつながります!

適切なツールを選ぶことで運用後の追加開発や拡張性も高まります!

2.開発体制は整っているか

開発会社がしっかりとした開発スキームの管理とサポート体制を持っているかどうかも重要です!

エンジニアの数や技術力、定例のミーティングの設定、プロジェクトの進行管理方法などが整っていることは、スムーズな開発と品質の高いアプリケーションを保証するために不可欠です!

業務アプリの場合、業務の理解が不可欠なため、業務内容や流れを的確に把握し、それに基づいた開発が行える会社を選ぶことが望ましいですね!

3.業務アプリの開発実績があるか

該当の開発会社が過去に業務アプリの開発実績があるかも、その会社を選定する際に見ておくといいでしょう!

業務アプリの開発は、特定の業界や業務フローの理解が必要とされるため、業務の理解を深めながら内容を開発に落とし込んでいくという工程がとても重要です!

過去に業務アプリやシステムの開発を経験している会社であれば、発生する問題への対応や効果的なアドバイスが期待できます。

また実績が豊富な会社は、プロジェクトのリスクを低減し、より信頼性の高い結果を提供する可能性が高いです!

これらのポイントを踏まえることで、自社のニーズに合ったノーコード受託会社を見極め、効果的な業務アプリの開発会社を選べる可能性が高まります!

ノーコードで制作された業務アプリの開発事例

ノーコード開発は様々な業界で効果的に利用されており、具体的な事例を見ることで、その可能性をより深く理解することができます!

今回は様々な業界や用途で使用されているノーコードで開発されたアプリやシステムの事例を紹介します!

1. JNAC

JNACはクリニックへの看護師の派遣事業を行っている企業様から依頼を受けて開発をした弊社の開発事例になります!

使用ツールはBubbleで、今まで人力で行っていたクリニックと看護師のマッチングをアプリで自由にマッチングができるようにし、クリニックと看護師間の契約書のやり取りや請求書、支払い等々の管理もアプリで一元化することに成功しました!

開発期間はわずか3か月で公開というスピード感で開発を行いました!

2. ロンドン大学医学部の教育システム

ロンドン大学医学部では、内部の教育システムをBubbleで開発してます!

このシステムは、学内での管理だけでなく、他の大学からも注目されることとなり、自社サービスとしてリリースされました!

開発期間は6ヶ月で、現在では12,000以上のユーザーに使用されています!

3. La Metro

La Metroは、フランスの大都市グルノーブル市の公共水道網の維持管理を行うシステムで、Bubbleを用いて1ヶ月半で開発されました!

このシステムは現在、フランス東部の49の町で約50万人にサービスを提供しており、スマートフォンの通知機能を利用した情報提供と職員の業務効率化を実現しています!

4. My Room

My Roomは、三菱地所グループのHmlet Japanが運営している居住者サポートアプリです。

アプリはAdaloを使用して開発されており、チャット機能、イベント情報、予約機能などが実装されており、居住者と管理者の双方の業務を効率化しました!

特定の業界向けにカスタマイズされたアプリもノーコードで迅速に作成することができるということがわかる事例ですね!

5. 図書管理アプリ

図書管理アプリはGlideを使用して開発された、図書情報の管理を効率化するアプリです!

スプレッドシートに入力された情報をアプリと連携させることで、図書の管理が容易にしたそうです!まさにGlideの特徴を活かした開発事例ですね!

これらの事例からわかるように、ノーコード開発は多様なニーズに応じてカスタマイズ可能であり、開発期間の短縮とコスト削減の双方を実現しながら、開発を行うことが可能です!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ詳細

    お問い合わせでご入力頂いた個人情報のお取り扱いについて

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次