【ノーコード】InstagramやXのようなSNSアプリを安く作る方法!発注時の注意点も解説!

こんにちは!EPICs合同会社です。

近年のIT化に伴いアプリ開発を検討する方も非常に増えているかと思います。

その中でも特に需要が多いものの一つが「SNSアプリ」です。

しかし、いざアプリを開発しようとするとこんな悩みが出てくることもあるでしょう。

「開発費用が高すぎてなかなか発注できない、、、」

「どのような点に注意して発注すればいいかわからない、、、」

「どのツールで開発を依頼すればいいの?

そこで今回はノーコードツールを使用することで、SNSアプリを「安く」「失敗の可能性減らして」開発をする方法をお伝えします!

また「開発費用」「発注時によくあるミス」「SNSアプリの必須機能」などを網羅的にお伝えすることで、イメージ通りの開発ができる方が増えるような情報を発信できればと思います!

その他ノーコードツール「Adalo」「Bubble」など様々なツールの特徴も合わせてお伝えしますので、ノーコードでの開発を検討している方も理解が深まる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

SNSアプリの開発費用相場は?

どれだけの機能を盛り込むかにもよりますが、SNSアプリはスクラッチで開発をする場合、「小規模なものだと200~300万円」「開発費用相場は800万円~1200万円ほど」と言われています。

細かな機能も込々で最初から搭載をするとなるともう少し価格感はあげってくることもあるでしょう。

ノーコードなら1/5~1/10ほどのコストで開発可能

SNSアプリをいくら作りたいと考えていても、数百万円を超えてくるような開発となると、なかなか開発を検討することが難しいケースも多いでしょう。

しかしノーコードツールを使用すれば、1/5~1/10ほどのコストで開発を行うことが可能です!

ノーコードツールはスクラッチ開発のように多くの人員を必要とせず、短い期間で開発ができるため「短期間で低予算の開発」を行えます!

ノーコードとは?

ノーコードとは、スクラッチのように基本的にはコードを打ち込むことなくスピーディーにアプリやシステムの開発が行えるツールの総称です。

そのため「短期間で低予算な開発」ができます!

その一方で一定の機能制限などはありますが、各種ツールの特徴をしっかりと理解し選定すれば、基本的な機能開発は問題なく行え、非常に有効な選択肢になるでしょう!

SNSアプリの開発を依頼する際の注意点

具体的な開発ツールを検討する前に、まずは開発全体としてSNSアプリの開発を依頼する際の注意点をお伝えします。

細かいことを言えばたくさんありますが、特に多いのがこちらです!

必要な機能群や優先順位の整理ができていない

ひとえにSNSアプリといっても機能は大小あれど様々!

あれもこれもと付け足していると「予算が莫大」になってしまったり「アプリ自体がわかりにくい」状況になってしまいます。

そのため兎にも角にも、開発したいアプリの用途や目的を明確化させて必要機能の絞り込みや優先順位付けをすることがとても重要です!

開発を何度も経験している方であれば、絞り込みましょう!で話は終わりますが、「初めて開発を依頼する方」や「まだ慣れているとまでは自信がない」という方もいるでしょう。

そういう時は最初の機能の絞り込みや要件定義から、相談をしてみるといいと思います!

ツールの選定ミス

スクラッチでの開発にせよ、ノーコードでの開発にせよ、何で開発をするかによって費用や特徴は大きく異なります。

そのため開発の際は各種ツールの特性を知っておくことがとても重要です!

このあたりも自社内での判断が難しい場合は、複数開発ツールの扱える開発会社などにそれぞれのツールの特徴を相談してみるのもいいと思います!

また本記事にてSNSアプリと相性のいいノーコードツールの紹介もしておりますので、是非そちらも参考にしてみてください!

耐久性の確認漏れ

SNSアプリはマスに対して広く公開することを想定しているケースも多いと思います。

そのため、アプリを運営していくうえで「最大でどの程度のトラフィックが想定されるか。」「どのほどのユーザーがアクションをする可能性があるのか」など事前に耐久性を考慮しておかないとユーザーが増えてきて、まさにこれから!というときに思わぬエラーや動作の重さによりユーザーが離れてしまいかねません。

そのため耐久性も重要な検討材料と理解しておきましょう!

追加開発時の機能拡張への考慮

ユーザーが増えていくにつれて機能の追加をすることも想定されるでしょう。

その際、初期開発時点での開発は問題なく行えても追加開発時に思っていた機能が実装できない。という可能性もあります。

そのため該当のツールでどの程度まで運用を続けていくのか?など機能の拡張性も考慮しておくといいでしょう。

SNSアプリによくある主要機能

機能の絞り込みや優先順位をつけたり、ツールの相性を図るにもまずは必要な機能が理解できていなければ始まりません。

また本記事の定義するSNSアプリがどのようなものかをすり合わせるうえでも、SNSアプリによく含まれている機能を紹介します!

現在開発を検討しているアプリの機能漏れがないか?の参考にもしてみてください!

チャット機能

アプリの特性上、チャット機能は主機能歩一つになるでしょう!

チャット周りはどのようなデータの送受信ができればいいか?なども事前に伝えたれると開発がスムーズに進むと思います!

  • メッセージや画像などの送受信
  • チャットリスト
  • 既読/未読機能

投稿周りの機能

instagramもXでも投稿の機能が多くな役割を果たしており、SNSとなればこちらも必須機能になってくるかと思います!

投稿周りは付帯機能や細かな機能も多いため、必須な機能が何か?は整理をしておくと良いでしょう!

  • 投稿、投稿の表示/編集/削除
  • いいね/お気に入り
  • コメント機能

検索機能

ユーザー同士の検索機能なども重要な機能の一つでしょう!

どのような検索方法が必要かも開発会社と相談しながら進められるといいですね!

  • フリーワード検索
  • カテゴリーなどでの検索

通知機能

SNSアプリはユーザー間での短スパンでのやり取りが発生しやすいため、通知機能の実装も大切になってきます!

どのようなアクションが行われた際に通知を届けるか?またどのような方法で通知を届けるか?も考えておきましょう!

  • メールでの通知
  • プッシュ通知
  • 通知が起こされる際のアクションの設定

アナリティクス

ビジネス利用もされるSNSアプリだと、数字の分析などアナリティクスの確認ニーズが出るケースもあるでしょう!

その際はどのようなデータをどのように取得するか?も大事な検討内容になりそうですね!

  • 閲覧やトラフィック数
  • お気に入り/いいね数
  • 月ごとの数字の推移

そのほかにも様々な機能がSNSアプリには実装されていると思うので、洗い出しと整理をしてみるといいでしょう!

ノーコードツールの選び方

ノーコードとひとえに言っても特徴は様々で、「どのツールで開発をすればいいかわからない、、」という方も少なくないでしょう。

ここではノーコードでSNSアプリを開発する際に見るべきポイントをお伝えします!

  • 機能の豊富さ
  • カスタマイズ性
  • 耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

機能の豊富さ

機能の豊富さには2点のポイントがあります。

下記の2点が優れているほど拡張性が高いので、非常に多様な機能を実現することができます!

  • データの出し入れなどの柔軟性(アルゴリズムを柔軟性をもって組めるか)
  • 外部サービスとの連携

「データの出し入れなどの柔軟性」は、データベースに加えたデータにどの程度柔軟に条件付けをして出し入れができるかという内容です。

データの出し入れなどの柔軟性が高いほど様々なアルゴリズムが組めるので、複雑な仕様にも対応しやすくなります

「外部サービスとの連携」はAPI連携が柔軟に行えるか?またプラグインがどれほど拡充しているか?という観点です。

スクラッチ開発にも言えることですが、自社のアプリ内ですべての機能を開発するとコストが高くなってしまうため、外部サービスと連携することもしばしばあります。

その際にAPI連携が行いやすかったり、プラグインが豊富に用意されているとより実現できることが多くなります。

カスタマイズ性

機能面のカスタマイズ性については、上記の「機能の豊富さ」でお伝えしているので、ここでのカスタマイズ性とはデザイン面でのカスタマイズ性です。

ツールによってデザイン周りの作り方も違うため、できるデザインとできないデザインもツールによって異なります!

構成もそうですが、レスポンシブの対応有無も違うので使用予定のデバイスや希望とするデザインイメージがある場合は、先に開発会社に伝えておくとよさそうですね!

耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

ノーコードツールとして認知があり、多く使用されているものであれば致命的に耐久性や安全性が低いということはまずないですが、やはりこちらもツールによって異なります!

ノーコードツールによって、大きくは「自社サーバー」「AWS」「Fire base」のいずれかの使用が多いです!

まだ開発の依頼、また開発を行ったことがない方はピンとこない部分もあるかもしれませんが、3つとも少し特性が違うので、どちら使っているかは把握しておくと良いでしょう!

またパスワードの管理などセキュリティ面の管理もツールによって違いが出るポイントです!

SNSアプリを開発する際のおすすめノーコードツール

ノーコードでSNSアプリを作る際のおすすめツールを4つお伝えします!

おすすめのノーコードツール①「Adalo」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

一般的な機能の開発には問題ないが、後述のBubbleやFlutter Flowに比べると少し機能が少ない。

そのため、ノーコードのままサービスを拡大していくことを想定している場合は、公開後に追加を想定している機能が実装できるかは確認しておくと良いと思います!

カスタマイズ性

Adaloはスマートフォンで使用する開発に特化をしており、PC版のアプリなども作ることはできますがスマートフォン/iPad/パソコンなどのマルチデバイスに合わせたレスポンシブ設定ができない点は要注意です!

スマートフォンでの使用を前提としたアプリであれば、他のツールと比べても最初から用意されているテンプレートも非常に豊富なため簡単にきれいなデザインを作ることが可能です。

そのためデザイン面での品質の俗人化は比較的起きにくいツールです!

耐久性/安全性

Adaloは提供しているインフラ環境としては自社サーバーになります。

そのため気にする人からすれば、AWSなどと比べると少し耐久性や安全性には心配があるかもしれません。

またBubbleなどと比べると少し速度が遅いという言われている要因も使用しているサーバーの性能の可能性が高そうです。

かといって大きなトラブルの事例は聞いたことがないので、小規模アプリであればあまり問題ななさそうです!

Adaloの特徴

  • スマートフォンアプリに特化している
  • ストア公開(ネイティブ化)が行いやすい
  • デザインテンプレートが豊富(一からデザインを作ることも可能)

まとめ

よりコストを抑えて短期間での公開を希望する方。

また機能がシンプルでスマートフォンに特化したアプリを開発したい方はAdaloがマッチしていそうです!

おすすめのノーコードツール②「Bubble」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

Bubbleはデータの出し入れにおける柔軟性も非常に高く、プラグインも豊富に用意されているため、とても機能性の高いノーコードツールです!

よほど複雑なアルゴリズムでない限り、大抵の機能は実装できるでしょう!

注意点としてはBubbleはPWAの開発を最も得意としているツールのためストア公開するネイティブアプリの開発の際は、少しだけ開発工程が増えます。

そのためスマートフォンでのネイティブアプリを得意とするAdaloに比べるとやや開発期間が伸びやすいです。

カスタマイズ性

Bubbleはレスポンシブを自由に設定することができます!

そのためスマートフォン/iPad/パソコンなどのマルチデバイスに合わせたアプリの開発が可能です!

ストア公開もしつつWebでもアプリを公開。Web版ではスマートフォン、パソコン双方で使えるように設定。なども行います!

そのほかのUI面でもアニメーションを含めたものは出来ないこともありますが、基本的なデザインに困ることはあまりないと思います!

耐久性/安全性

Bubbleが使用しているインフラ環境としてはAWSになります。※AWSとは?

そのため非常に耐久性/安全性は信頼高いと言えるでしょう!

またBubbleはセキュリティの管理体制も非常にしっかりしている印象です。

Bubbleの管理者画面からデータベースを開いてもユーザーのパスワードだけは確認できなくなっているなど、データ管理も強固になっています。

Bubbleの特徴

  • 豊富な機能
  • PWAが開発しやすい
  • レスポンシブが柔軟に設定できる
  • サーバー性能が比較的高い

まとめ

機能数が多い、また拡張性を持たせたい場合やマルチデバイスでの利用を検討をしている場合はBubbleがおすすめです!

おすすめのノーコードツール③「Glide」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

機能の豊富さという点だとGlideは今回紹介するノーコードツールの中でもっとの少ないかもしれません。

しかしGlideは直感的にアプリが作れるという点ではとても優れています!

スプレッドシートを活用してアプリを作ることなどもできるため、本格的なアプリ開発にあたり一旦モックだけ作りたい際や、自身で簡単なアプリを作る時にはいい選択肢になりそうです!

なおAppleStoreへの公開には対応していないの、ストアに公開するアプリを作る際は要注意です!

カスタマイズ性

GlideはPowerPointのように画面上に自由に要素を配置する形でデザインを作れるため、配置の自由度という点ではカスタマイズ性は高いです!

注意点としてはGlideもAdalo同様マルチデバイスに対応したレスポンシブ設定は出来ないので、その点は注意が必要です!

耐久性/安全性

Glideが使用しているインフラ環境としては、Google社のものを使用していると言われています。

そのため耐久性/安全性の面では信頼性が高そうです!

また良くも悪くもGlideはそこまで複雑なアプリを作れる仕様にはなっていないので、動作の重さなどは感じにくいのではないかと思います!

Glideの特徴

  • 直感的で開発が行いやすい
  • スマートフォンアプリに特化
  • Webで公開するアプリのみ開発可能

まとめ

機能数が少なくシンプルなアプリの開発。またWebでの公開を前提しているアプリ。その他モックを作る際にはおすすめのツールだと思います!

おすすめのノーコードツール④「Flutter Flow」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

Flutter Flowは厳密にいうとノーコードではなく、ローコードツールとなります。

Flutter Flowはプログラミング言語Flutterのローコードバージョンのようなもので、Googleが提供しているツールになります。

そのため機能面は非常に充実しており、Bubbleと同様ある程度なら複雑な仕様でも対応ができる点が特徴です!

加えてローコードツールなので、開発したアプリのソースコードを落とすことも可能な点は大きな特徴です!

注意点としては、ノーコードの要素が強いツールですがローコードツールではあるので、その他のノーコードツールと比べ開発難易度が高く、開発費用は高くなりやすいです。

また国内事例がBubbleなどほかのツールと比べるとまだまだ少ないため、開発会社の選定と事前の機能の実装可否のすり合わせが非常に重要になります!

カスタマイズ性

Flutter Flowはレスポンシブを自由に設定することができます!

またストア公開なども可能なのでWeb、ストア双方で公開し、またスマートフォン、iPad、パソコンなどマルチデバイスでの利用も可能です。

UIの部分でも比較的自由に画面上に要素の配置ができるので、複雑なものでなければあまり不便なくデザインの構築もできるでしょう!

耐久性/安全性

Fluter FlowはGoogleのサービスのため、インフラ環境はFirebaseの仕様が基本です!※Firebaseとは

Firebaseはアプリやゲームの構築に向いたツールなので、アプリで利用する際のも最適なツールの一つと言えます!

またGoogleの提供している環境なので、セキュリティ面の心配も比較的少ないでしょう。

Fluter Flowの特徴

  • Googleの提供しているローコードツール
  • 機能は豊富で拡張性も高い
  • レスポンシブにも対応
  • 事例が少ない点などには注意

まとめ

少し予算に余裕があり、最初からある程度複雑な機能の実装をしたい場合やソースコードを落としたい場合などにはFluter Flowがおすすめ!

SNSアプリの開発事例

【Adalo】Union-大学生のためのSNSアプリ

Unionは大学の情報の共有や収集を行うことが出来る大学生や大学の教職員向けSNSアプリです!。

すでに290以上の大学で導入されており、朝日新聞や産経新聞にも掲載された注目のアプリとなっています!

また1000万円以上の資金調達にも成功しておりAdaloの公式ドキュメントにも取り上げられております。

現在ではFlutterでの開発に切り替わっており、ノーコードでMVPを開発して成長したらスクラッチに切り替えていくという事例の成功例としても参考になりますね!

【Adalo】FootHub-サッカーファンのためのSNSアプリ

Foot hubはサッカーファン向けのSNSアプリです。

サッカーファン同士でコミュニケーションを取ったり、またサッカーに関するニュースを受け取ることなどができます。

また2023年9月時点で、Adaloから月間でNo.1の優秀アプリとして認定もされており160か国以上の方が利用しています。

Adaloで開発されたアプリがスケールしている非常にいい事例ですね。

【Bubble】Marlow-コーチと顧客のマッチングアプリ

こちらはSNSアプリというジャンルではないですが、SNSアプリに必要な機能群を実装している開発の成功事例をお伝えします!

ご紹介するのはコーチとコーチングを受けたい顧客のマッチングアプリ「Marlow」です。

マッチしたいコーチの情報を打ち込むだけでマッチングをすることができ、チャット周りの機能も非常に拡充されています!

現在はToCのみならず多くの企業でも導入がされており、サービスが拡大しています。

ToBに向けたサービスの開発でも十分にBubbleでの活用できることがわかるいい事例ですね!

ノーコードで開発されたマッチングアプリ以外の成功事例

SPOTTO(就活生と企業をつなぐマッチングアプリ)

SPOTTOは就活生と企業を繋ぐマッチングアプリです。

またSPOTTOは国内で初めて買収が成立した事例にもなります!

現在はサービスを停止しているそうですが、

買収企業の代表は買収した背景について下記のようにお話しされています。

僕は「ノーコードで開発されているけどクオリティが低い」みたいな状態だったら買収してませんでした(笑)

実際に完成したアプリを見てみると、ノーコードだと気づかないくらいのクオリティだったんですよ。https://tokyofreelance.jp/nocode-interview/

Beelango(言語学習のeラーニングアプリ)

Beelangoは、Bubbleで開発された新しい言語を習得するためのeラーニングアプリです。

現在では、全世界でユーザー数は10万人以上、売上高は30万ドル(日本円で約3500万円)を超えています。※2023年時点

最初はノーコードで開発をして、その後スクラッチで作り直すという事例も多いですがノーコードアプリのままここまでの規模感になっているのは本当にすごいですね。

Bubbleがある程度の大規模開発やToCにむけた多くのユーザーをかかえるアプリとしてでも活用が出来るということがわかるいい事例だと思います!

 参考:【Bubble公式】開発者へのインタビュー動画

他にもノーコード開発の成功事例を知りたい方は下記をご参照ください!

【ノーコード】Adaloで開発されたアプリの成功事例

【ノーコード】Bubbleで開発されたアプリの成功事例

【まとめ】SNSアプリを安く作る方法

今回はSNSアプリを安く作る方法の一つとして、ノーコードツール「Adalo」「Bubble」「Glide」「Fluter Flow」を紹介させていただきました。

もちろん予算が潤沢にあり、最初から大規模な開発に耐えられる状況であればスクラッチでの開発で問題ないですが、なかなか1000万円近くの開発に踏み出すのは難しいこともあるでしょう。

そういった際はノーコードを検討してみるのもいいですね!

そのほかにもご紹介した「発注時にやりがちな間違い」など少しでも参考になった情報がございましたら幸いです!

【無料相談/ご依頼】SNSアプリの開発ならEPICs!~仕様設計から運用までトータルサポート~

EPICs合同会社では、紹介した事例のほか多数のSNSアプリの開発実績がございます!

またAdalo、Bubble、Flutter Flow、STUDIO、Glideなど様々なノーコードツールでの開発が可能なため、ご予算や実装したい機能に合わせて柔軟なSNSアプリの開発が行えます!

また弊社はスタートアップや中小企業様の新規事業でのアプリ開発に強みを持っており、アイデアベースから伴走をしていくことも可能です。

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次