ノーコードでECアプリは作れる!おすすめツール・開発事例・注意点を徹底解説!

ノーコードでECアプリは作れる!おすすめツール・開発事例・注意点を徹底解説!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

ノーコードでECアプリの開発を検討する際、下記のような悩みが生まれてくることはないでしょうか?

「少しでも安くECアプリを作りたい」

「ノーコードで開発したいけど、そもそもECアプリは作れるの?」

「いろんなツールがありすぎて、どのツールで開発依頼をすればいいかわからない」

弊社でも多くのお客様から上記のような声をいただきました。

本記事ではそのようなお悩みを解消できる内容をお伝えできればと思います!

本記事でわかること
・ノーコード開発の注意点
・ECアプリを開発する際のおすすめノーコードツール
・各種ノーコードツールの特徴
・ノーコードつくられたECアプリの開発事例

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

ノーコードとは?

ノーコードとは、スクラッチのようにコードを打ち込むことなくスピーディーにアプリやシステムの開発が行える開発手法の総称です。

ノーコードを活用することで、何年もプログラミングを勉強したエンジニアではなくても「短期間で低予算な開発」ができるようになりました!

そのため、アプリ開発のハードルが非常に下げることができるので、ノーコードへの注目は近年とても加速をしてきています!

その一方で一定の機能制限などはありますが、各種ツールの特徴をしっかりと理解し選定すれば、基本的な機能開発は問題なく行え、非常に有効な選択肢になるでしょう!

ノーコードでECアプリを作るメリット

ノーコードでECアプリを作る際の代表的なメリットとしては、下記の4点があげられます!

  • コストを抑えて開発できる
  • 開発期間が短い
  • 維持コストが比較的低い
  • 公開後の改修も行いやすい

なので初めてアプリの開発を検討している方でも、比較的検討しやすくなっていると思います!

コストを抑えて開発できる

ノーコードを活用することでエンジニアごとのスキルに依存しにくく、またコーディングを行う作業も省略ができるため開発コストを大幅に削減することが可能です!

開発内容にもよりますが、ECアプリに関してはスクラッチ開発に比べて1/5~1/10ほどの費用で開発を行えることが多いです!

開発期間が短い

開発期間においてもコーディングの工数などの削減がはかれるため、非常に短い期間で開発が可能です!

シンプルなECアプリであれば1,2か月程度で開発が行えることも多いでしょう!
※短期間すぎる開発はイレギュラーケースの想定が漏れていることなども多いので要注意!

維持コストが比較的低い

ツールにもよりますが、ノーコードツールはサーバーや保守運用などの維持コストも抑えられるケースが多いです。

例えばBubbleやAdaloというアプリを作ることに特化したノーコードツールでは、公開する際のコストを抑えたいときはBubbleやAdaloのドメインやサーバーをそのまま使用して公開することなども可能です。

流石に「サーバーやドメインは自身で用意したものを使いたい!」という場合でも、保守運用を依頼する際の費用もスクラッチ開発で開発したアプリよりもかなり抑えられるケースが多いです!

公開後の改修も行いやすい

最初のアプリの公開時は機能を絞って公開することが多いと思うので、その後様々なユーザーの声をもとにハイスピードで機能改善や追加開発を行うことになるでしょう。

その際もスクラッチ開発とノーコード開発だと開発費用と開発期間に大きな差が出てきます

アプリは一度作って終わり。ということは少ないので、公開後のコストなども想定しておくといいですね!

ノーコードでECアプリを作る際の注意点

ここまでノーコードでECアプリを作る際のメリットをお伝えをしましたが、当然ノーコードも万能ではありません、、、

ノーコードには一定の機能制限がありますが、どのような場合に機能制限が影響してくるのか?という注意点をここからはお伝えします!

大規模なアプリの開発

大規模の定義は難しいですが、ノーコードで開発する場合、10万を超えるユーザーが利用するサービスなどはスクラッチで開発をすることをおすすめします。

ノーコードでの開発の場合は使用するツールの耐久性に依存するため、どの程度の数ユーザーを増やす見込みなのかは事前に想定しておくといいでしょう!

機能が複雑なアプリの開発

ノーコードは使用ツール内に含まれている機能からアプリを構築していくため、機能が複雑な場合は実装が難しい場合があります。

複雑な機能がある場合は、使用ツールの機能内で想定機能が実装できるかは事前に開発会社に相談してみるといいでしょう!

大規模かつ複雑なアプリを作りたい場合の考え方

注意点を2点ほど上げましたが、全く対策が取れないというわけではありません!

大体の機能であればノーコードでも開発は行え、また耐久性も決して弱いわけではありません。

それでも、ノーコードでは不十分と感じてしまう際の対策としては、ノーコードは低コストで開発ができ、プロトタイプやMVPはもちろん中規模開発には向いているツールなので、初期はノーコード開発をしユーザーが増加したらスクラッチで開発したアプリに移行していくのもいいと思います!

そうすることで、アプリがどの程度伸びるかわからない初期開発ではコストをぐっと抑えて、ユーザーが増えて予算が取れるようになってから大きな予算を割いてスクラッチ開発に移行ができるため投資リスクも抑えることが可能です!

ノーコードで開発し、スケールするとともにスクラッチ開発に切り替えた事例

無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

ノーコードツールの選び方

ノーコードとひとえに言っても特徴は様々で、「どのツールで開発をすればいいかわからない、、」という方も少なくないでしょう。

ここではノーコードでECアプリを開発する際に見るべきポイントをお伝えします!

  • 機能の豊富さ
  • カスタマイズ性
  • 耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

機能の豊富さ

機能の豊富さには2点のポイントがあります。

下記の2点が優れているほど拡張性が高いので、非常に多様な機能を実現することができます!

  • データの出し入れなどの柔軟性(アルゴリズムを柔軟性をもって組めるか)
  • 外部サービスとの連携

「データの出し入れなどの柔軟性」は、データベースに加えたデータにどの程度柔軟に条件付けをして出し入れができるかという内容です。

データの出し入れなどの柔軟性が高いほど様々なアルゴリズムが組めるので、複雑な仕様にも対応しやすくなります

「外部サービスとの連携」はAPI連携が柔軟に行えるか?またプラグインがどれほど拡充しているか?という観点です。

スクラッチ開発にも言えることですが、自社のアプリ内ですべての機能を開発するとコストが高くなってしまうため、外部サービスと連携することもしばしばあります。

その際にAPI連携が行いやすかったり、プラグインが豊富に用意されているとより実現できることが多くなります。

カスタマイズ性

機能面のカスタマイズ性については、上記の「機能の豊富さ」でお伝えしているので、ここでのカスタマイズ性とはデザイン面でのカスタマイズ性です。

ツールによってデザイン周りの作り方も違うため、できるデザインとできないデザインもツールによって異なります!

構成もそうですが、レスポンシブの対応有無も違うので使用予定のデバイスや希望とするデザインイメージがある場合は、先に開発会社に伝えておくとよさそうですね!

耐久性/安全性(使用しているサーバーなど)

ノーコードツールとして認知があり、多く使用されているものであれば致命的に耐久性や安全性が低いということはまずないですが、やはりこちらもツールによって異なります!

ノーコードツールによって、大きくは「自社サーバー」「AWS」「Fire base」のいずれかの使用が多いです!

まだ開発の依頼、また開発を行ったことがない方はピンとこない部分もあるかもしれませんが、3つとも少し特性が違うので、どちら使っているかは把握しておくと良いでしょう!

またパスワードの管理などセキュリティ面の管理もツールによって違いが出るポイントです!

ECアプリにおすすめのノーコードツール

ノーコードでECアプリを作る際のおすすめツールを4つお伝えします!

おすすめのノーコードツール①「Adalo」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

一般的な機能の開発には問題ないが、後述のBubbleやFlutter Flowに比べると少し機能が少ない。

そのため、ノーコードのままサービスを拡大していくことを想定している場合は、公開後に追加を想定している機能が実装できるかは確認しておくと良いと思います!

カスタマイズ性

Adaloはスマートフォンで使用する開発に特化をしており、PC版のアプリなども作ることはできますがスマートフォン/iPad/パソコンなどのマルチデバイスに合わせたレスポンシブ設定ができない点は要注意です!

スマートフォンでの使用を前提としたアプリであれば、他のツールと比べても最初から用意されているテンプレートも非常に豊富なため簡単にきれいなデザインを作ることが可能です。

そのためデザイン面での品質の俗人化は比較的起きにくいツールです!

耐久性/安全性

Adaloは提供しているインフラ環境としては自社サーバーになります。

そのため気にする人からすれば、AWSなどと比べると少し耐久性や安全性には心配があるかもしれません。

またBubbleなどと比べると少し速度が遅いという言われている要因も使用しているサーバーの性能の可能性が高そうです。

かといって大きなトラブルの事例は聞いたことがないので、小規模アプリであればあまり問題ななさそうです!

Adaloの特徴

  • スマートフォンアプリに特化している
  • ストア公開(ネイティブ化)が行いやすい
  • デザインテンプレートが豊富(一からデザインを作ることも可能)

まとめ

よりコストを抑えて短期間での公開を希望する方。

また機能がシンプルでスマートフォンに特化したアプリを開発したい方はAdaloがマッチしていそうです!

おすすめのノーコードツール②「Bubble」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

Bubbleはデータの出し入れにおける柔軟性も非常に高く、プラグインも豊富に用意されているため、とても機能性の高いノーコードツールです!

よほど複雑なアルゴリズムでない限り、大抵の機能は実装できるでしょう!

注意点としてはBubbleはPWAの開発を最も得意としているツールのためストア公開するネイティブアプリの開発の際は、少しだけ開発工程が増えます。

そのためスマートフォンでのネイティブアプリを得意とするAdaloに比べるとやや開発期間が伸びやすいです。

カスタマイズ性

Bubbleはレスポンシブを自由に設定することができます!

そのためスマートフォン/iPad/パソコンなどのマルチデバイスに合わせたアプリの開発が可能です!

ストア公開もしつつWebでもアプリを公開。Web版ではスマートフォン、パソコン双方で使えるように設定。なども行います!

そのほかのUI面でもアニメーションを含めたものは出来ないこともありますが、基本的なデザインに困ることはあまりないと思います!

耐久性/安全性

Bubbleが使用しているインフラ環境としてはAWSになります。※AWSとは?

そのため非常に耐久性/安全性は信頼高いと言えるでしょう!

またBubbleはセキュリティの管理体制も非常にしっかりしている印象です。

Bubbleの管理者画面からデータベースを開いてもユーザーのパスワードだけは確認できなくなっているなど、データ管理も強固になっています。

Bubbleの特徴

  • 豊富な機能
  • PWAが開発しやすい
  • レスポンシブが柔軟に設定できる
  • サーバー性能が比較的高い

まとめ

機能数が多い、また拡張性を持たせたい場合やマルチデバイスでの利用を検討をしている場合はBubbleがおすすめです!

おすすめのノーコードツール③「Glide」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

機能の豊富さという点だとGlideは今回紹介するノーコードツールの中でもっとの少ないかもしれません。

しかしGlideは直感的にアプリが作れるという点ではとても優れています!

スプレッドシートを活用してアプリを作ることなどもできるため、本格的なアプリ開発にあたり一旦モックだけ作りたい際や、自身で簡単なアプリを作る時にはいい選択肢になりそうです!

なおAppleStoreへの公開には対応していないの、ストアに公開するアプリを作る際は要注意です!

カスタマイズ性

GlideはPowerPointのように画面上に自由に要素を配置する形でデザインを作れるため、配置の自由度という点ではカスタマイズ性は高いです!

注意点としてはGlideもAdalo同様マルチデバイスに対応したレスポンシブ設定は出来ないので、その点は注意が必要です!

耐久性/安全性

Glideが使用しているインフラ環境としては、Google社のものを使用していると言われています。

そのため耐久性/安全性の面では信頼性が高そうです!

また良くも悪くもGlideはそこまで複雑なアプリを作れる仕様にはなっていないので、動作の重さなどは感じにくいのではないかと思います!

Glideの特徴

  • 直感的で開発が行いやすい
  • スマートフォンアプリに特化
  • Webで公開するアプリのみ開発可能

まとめ

機能数が少なくシンプルなアプリの開発。またWebでの公開を前提しているアプリ。その他モックを作る際にはおすすめのツールだと思います!

おすすめのノーコードツール④「Flutter Flow」

総評

項目評価
機能の豊富さ
カスタマイズ性
耐久性/安全性
開発費用/期間

機能の豊富さ

Flutter Flowは厳密にいうとノーコードではなく、ローコードツールとなります。

Flutter Flowはプログラミング言語Flutterのローコードバージョンのようなもので、Googleが提供しているツールになります。

そのため機能面は非常に充実しており、Bubbleと同様ある程度なら複雑な仕様でも対応ができる点が特徴です!

加えてローコードツールなので、開発したアプリのソースコードを落とすことも可能な点は大きな特徴です!

注意点としては、ノーコードの要素が強いツールですがローコードツールではあるので、その他のノーコードツールと比べ開発難易度が高く、開発費用は高くなりやすいです。

また国内事例がBubbleなどほかのツールと比べるとまだまだ少ないため、開発会社の選定と事前の機能の実装可否のすり合わせが非常に重要になります!

カスタマイズ性

Flutter Flowはレスポンシブを自由に設定することができます!

またストア公開なども可能なのでWeb、ストア双方で公開し、またスマートフォン、iPad、パソコンなどマルチデバイスでの利用も可能です。

UIの部分でも比較的自由に画面上に要素の配置ができるので、複雑なものでなければあまり不便なくデザインの構築もできるでしょう!

耐久性/安全性

Fluter FlowはGoogleのサービスのため、インフラ環境はFirebaseの仕様が基本です!※Firebaseとは

Firebaseはアプリやゲームの構築に向いたツールなので、アプリで利用する際のも最適なツールの一つと言えます!

またGoogleの提供している環境なので、セキュリティ面の心配も比較的少ないでしょう。

Fluter Flowの特徴

  • Googleの提供しているローコードツール
  • 機能は豊富で拡張性も高い
  • レスポンシブにも対応
  • 事例が少ない点などには注意

まとめ

少し予算に余裕があり、最初からある程度複雑な機能の実装をしたい場合やソースコードを落としたい場合などにはFluter Flowがおすすめ!

ノーコードで開発されたECアプリの開発事例

Adaloで開発されたECアプリの事例

FruitFull(果物のECアプリ)

FruitFullは果物のECアプリです!

果物の生産者が自由に果物を販売することができ、一般消費者は販売されている果物を購入することができるアプリです。

出品から決済までアプリ内で完結するようになっているため、簡単に好きな果物の購入をすることができます!

RematchR(リメイク品のECアプリ)※弊社開発事例

RematchRは、リメイク品を対象としたECアプリです!

リメイクされた衣服はもちろんのこと、リメイクするための生地などの売買もできるようになっています!

その他リメイクに関する動画の公開など、リメイクに興味を持つためのコンテンツ配信もされているアプリになります!

『RematchR』の開発事例詳細はこちら

Bubbleで開発されたECアプリの事例

シルカウ(価値観で売買するECアプリ)

シルカウは、思い入れのある高価なアパレル用品などを古着屋のようにただ売買するのではなく、販売者と購入者で直接コミュニケーションをとり共感をもとに売買ができるECアプリになります!

アプリのコンセプト上、決済回野の機能のみならずチャット周りの機能も非常に拡充されたECアプリの事例になります!

『シルカウ』の開発事例詳細はこちら

ノーコードで開発されたECアプリ以外の成功事例

FootHub(サッカーファンのためのSNSアプリ)

Foot hubはAdaloで開発されたサッカーファン向けのマッチングアプリです。

サッカーファン同士でコミュニケーションを取ったり、またサッカーに関するニュースを受け取ることなどができます。

また2023年9月時点で、Adaloから月間でNo.1の優秀アプリとして認定もされており160か国以上の方が利用しています。

Adaloで開発されたアプリがスケールしている非常にいい事例ですね。

Beelango(言語学習のeラーニングアプリ)

Beelangoは、Bubbleで開発された新しい言語を習得するためのeラーニングアプリです。

現在では、全世界でユーザー数は10万人以上、売上高は30万ドル(日本円で約3500万円)を超えています。※2023年時点

最初はノーコードで開発をして、その後スクラッチで作り直すという事例も多いですがノーコードアプリのままここまでの規模感になっているのは本当にすごいですね。

Bubbleがある程度の大規模開発やToCにむけた多くのユーザーをかかえるアプリとしてでも活用が出来るということがわかるいい事例だと思います!

 参考:【Bubble公式】開発者へのインタビュー動画

他にもノーコード開発の成功事例を知りたい方は下記をご参照ください!

【ノーコード】Adaloで開発されたアプリの成功事例

【ノーコード】Bubbleで開発されたアプリの成功事例

【無料相談/ご依頼】ECアプリの開発ならEPICs!~仕様設計から運用までトータルサポート~

EPICs合同会社では、紹介した事例のほか多数のECアプリの開発実績がございます!

またAdalo、Bubble、Flutter Flow、STUDIO、Glideなど様々なノーコードツールでの開発が可能なため、ご予算や実装したい機能に合わせて柔軟なECアプリの開発が行えます!

また弊社はスタートアップや中小企業様の新規事業でのアプリ開発に強みを持っており、アイデアベースから伴走をしていくことも可能です。

アプリやWebサービスの開発をご検討の方はぜひお気軽にこちらからご相談ください。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次