【Bubble】郵便番号から住所を自動入力する機能の作り方!zipcloud必須

ノーコードツール「Bubble」で郵便番号検索(住所自動入力機能)を実装する方法を紹介します。

zipcloudさんの郵便番号検索APIを駆使すればサクッと作れるのでぜひ挑戦してみてください!

どんな機能かイメージ湧かない方は次項の実装イメージ動画をご覧くださいませ。

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

郵便番号入力欄(Inputエレメント)に郵便番号を入力すると、下のInputに該当の住所がシュッと入力されます。

Bubbleで郵便番号検索を実装する手順

以下の手順で実装します。

  1. プラグイン「API Connector」をインストールする
  2. 郵便番号検索APIを連携する
  3. 郵便番号入力欄と住所入力欄を作る
  4. 郵便番号Inputの値が変わったときのワークフローを組む

プラグイン「API Connector」をインストールする

まずは、プラグイン追加ページから「API Connector」をインストールしましょう。

郵便番号検索APIを連携する

API ConnectorでzipcloudのAPI連携

API Connectorの設定ページで、上の添付画像のように、郵便番号検索API「zipcloud」さんをBubbleに連携します。

初期状態から変更する点は以下です。

  • Use asをDataから「Action」に変更する
  • APIエンドポイントにzipcloudのリクエストURLhttps://zipcloud.ibsnet.co.jp/api/searchを入力する
  • ParametersにKeyをzipcodeでValueをてきとうな郵便番号を入力する
  • NameをGetPostCodeなどわかりやすい名前にする

上記入れ終わったらInitialize callボタンをクリックしましょう。

郵便番号検索APIの詳細を知りたい方はzipcloudさんの公式ページをご覧くださいませ。

郵便番号検索API – zipcloud

郵便番号入力欄と住所入力欄を作る

郵便番号入力欄と住所入力欄

次に、ユーザーが郵便番号を入力する欄をInputエレメントで画面に設置します。

Group住所のAppearance設定

住所入力欄はInputで設置しますが、Groupエレメントの中に入れます。GroupのType of contentに郵便番号検索APIのリクエスト結果(例ではGetPostCode result)を設定してそれを子要素のInputエレメントに出力するためです。

郵便番号検索で割り出した住所はInput住所に以下のように出力します。

Input住所のAppearance設定

zipcloudのリクエストのresultsから以下が取得できるので上記のように値をappendで連結して出力してます。

  • address1:都道府県名
  • address2:市区町村名
  • address3:町域名

▼Initial contentの入力例

Parent group's GetPostCode result's address1 append Parent group's GetPostCode result's address2 append Parent group's GetPostCode result's address3

郵便番号Inputの値が変わったときのワークフローを組む

仕上げです。ユーザーが郵便番号を入力したときに郵便番号検索APIを走らせ、該当住所を出力するためのワークフローを設定します。

まずStep1でZipcloudのアクションを設定します。

Plugins > Zip Cloud – APIの名前を選択してください。zipcodeにInput郵便番号のvalueをセットします。

次にStep2で、Group住所に流し込まれてる現在のデータをリセットするためにElement Actions > Reset dataを選択して上記のようにGroupエレメントを指定します。

最後にStep3で、Element Actions >Display dataを選択して上記のように、ワークフローStep1でAPIリクエストした結果をGroup住所に流し込んで完成です!

今回の検証するに当たり、workworkさんの以下ブログを参考にさせていただきました。超有益な情報をありがとうございました!!!

参考記事:workwork | 【bubble】郵便番号を入力して住所を自動入力させる※API利用

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次