【Bubble】日付で月別絞り込み検索機能を実装する方法

ノーコードツール「Bubble」で日付で月別にデータを絞り込んで表示する検索機能の実装方法をご紹介!

実は最初実装イメージが湧かず困ったので、Bubbleフォーラムの日本語カテゴリで質問してみました。数時間でお優しい方が手を差し伸べてくださり思い描いていた理想の動作を実装することができたので今回記事化させていただきました。Bubbleフォーラムで完璧なアドバイスをしてくださったMichitomo様、本当にありがとうございました。

※英語で検索するときは「How to set a dropdown filter by month from created date」などで検索してみるといいかも。

WordPressの月別アーカイブのような絞り込み機能のBubbleで作り方を探している方の開発の一助になれば幸いです。

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

実装イメージ

公開日の月(xxxx年yy月の形式)ごとに記事データの絞り込みができます。特定の月のブログ記事を検索するための機能といえます。

データの公開日dateから動的にドロップダウンの選択肢に2023年9月(2)といったフォーマットで表示させられます。ドロップダウンとBasic typeのdate型、rounded down to month、RepeatingGroupを組み合わせて実装します。

ちなみに、ページ全体の構造は以下の通りです。

ドロップダウンと記事表示部分のBubbleエディタでの表示はこんな感じです。

実装手順

データの月別絞り込み機能は以下の手順で実装します。検索対象のデータの作成などの解説は割愛。本記事で扱う検索対象のデータのData typeはBlogです。title、contentがtext型でcategoryがOption setsであるくらいのシンプルなData。

  1. Data type「Blog」にdate型でfield「date」を追加する
  2. ドロップダウンのAppearanceタブのプロパティを設定する
  3. RepeatingGroupのData sourceを設定する

Data type「Blog」にdate型でfield「date」を追加する

絞り込みに使う日付のデータを保存するfield「date」をdate型で追加します。

追加するとテストデータに日時を設定できるようになるのでそれぞれ入れます。dateの入力は初見だと戸惑うと思いますが落ち着いて数字を入れましょう。

mm = 月
dd = 日
yyyy = 年
hh = 何時
mm = 何分

最後の「xm」には、pかaを入れます。PM or AMってことです。

ドロップダウンのAppearanceタブのプロパティを設定する

次に、DropdownエレメントでドロップダウンメニューをRepeatingGroupの上に設置しましょう。

設置できたらAppearanceタブの4項目を設定します。

  • [ Choices style ]Dynamic choices
  • [ Type of choices ]date(BASIC TYPESのdate)
  • [ Choices source ]Search for Blogs:each item' date:rounded down to month
  • [ Current caption ]Current option:formatted as yyyy年m月(Search for Blogs:count)

③Choices sourceのDo a search forの中は以下のようにBlogのdateで新着順でソートします。

③で行っていることは「Blogs」(ブログという名前のデータタイプ)を検索して、各項目(ブログ記事)の「date」フィールドの値を月に丸める(例: 2023年9月1日を2023年9月に丸めるなど)です。

④の()内には月単位のデータ数をDo a search forとcountでセットしてます。このSearch forの中身の設定は以下です。

  • date > Current option
  • date <= Current option + months:1

ドロップダウンメニューの設定は以上です。

RepeatingGroupのData sourceを設定する

仕上げにRepeatingGroupのData sourceの設定をします。

  • date > Dropdown 月別's value
  • date <= Dropdown 月別's value + months:1
  • Sort by date(Blogのdate)
  • Descending “yes”

■date > Dropdown 月別’s value
ブログ記事の公開日(date)が、ユーザーがDropdownで選択した月別の値よりも後の日付にある記事を検索。選択された月以降に公開された記事を取得する

■date <= Dropdown 月別’s value + months:1
ブログ記事の公開日(date)が、ユーザーがDropdownで選択した月別の値から1ヶ月以内の日付にある記事を検索。選択された月以内に公開された記事を取得する。

以上で、完成です!お疲れ様でした!

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次