Bubbleでパスワードリセット機能を実装する方法

ノーコードツール「Bubble」でユーザーのパスワードリセット機能を実装する方法をご紹介。

WorkflowのSend password reset emailやReset passwordを駆使して実装します。

実際に1工程ずつ実装していくと筆者にとっても大きな勉強になりました。Bubble初学者でパスワードリセット機能の作り方をキャッチアップしたい方の参考になれば幸いです。

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

ログインページの「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックしたらパスワード再設定用メール送信ページに移動。

メールアドレスを入れてボタンを押すと下のメールが送られてくる。

パスワード再設定用URLをクリックするとリセット用のフォームがある画面(reset_pw)へ遷移する。

パスワード変更後はログインページへ遷移させる。

実装手順

パスワードリセット機能は以下の手順で実装します。

  1. パスワードを忘れた方はこちらページを作成する
  2. 送信ボタンにWorkflowでSend password reset emailを設定する
  3. 送信ボタンにWorkflowのStep2でSend emailを設定する
  4. パスワードリセットページのWorkflowにReset passwordを設定する
  5. ログイン画面に「パスワードを忘れた方はこちら」という文言でテキストリンクを設置する

パスワードを忘れた方はこちらページを作成する

「reminder」というスクリーン名でパスワードを忘れた方はこちらページを以下のような構成で作成します。

パスワードリセットメール送信に最低限必要なエレメントはメールアドレス入力欄(Input)と送信するボタン(Button)です。無くてもいいですが、見出し下の文言はあった方が親切なので設置しました。テンプレ良ければ参考にしてください。

ご登録済みのメールアドレスを記入し、送信ボタンを押してください。
パスワード再設定用のURLが記載されたメールが届きますので、メールの案内に従いパスワードの再設定を行ってください。

送信ボタンにWorkflowでSend password reset emailを設定する

reminderページのレイアウトが完成したら次は、送信ボタンにWorkflowで[ Send password reset email ]を設定します。

[ Email to reset ]にはフォームに入力されたメールアドレスをセットします。Subject、Bodyは次のStep2で指定するのでここでは空のママでOKです。

次のStepでBodyにDynamic dataで挿入するトークンの取得に必要なので、[ just make token, don’t send email ]にチェックを入れます。

送信ボタンにWorkflowのStep2でSend emailを設定する

パスワード再設定用URLを記載したメールの文面など諸々設定します。

  • To(宛先)には、Input メールアドレス’s valueつまりInputに入力されたメールアドレスをセットします
  • Sender name(メール差出人)には、アプリ名や会社名などサービス管理者の名前などをご自身のプロジェクトに合わせて設定してください
  • Subject(件名)には、「パスワード再設定用URLの送付」など分かりやすいメールタイトルをつけます
  • Bodyには以下のテンプレ+先程のトークンを使用したURL(パスワードリセットURL)をセットします
パスワード再設定を受け付けました。
下記URLからパスワード再設定を行ってください。

▼パスワード再設定用URL▼
Website home URLreset_pw?reset=Result of step 1(Send password res...)

なお、URLは1回のみ有効ですのでご注意ください。

パスワード再設定用URLの「reset_pw?reset=」の部分はタイピング(もしくはペースト)して入れます。それ以外はDynamic dataで入れます。入力には少しコツが必要なのでうまく挿入できない方は以下の動画を見て真似してみていただきたいです。

パスワードリセットページのWorkflowにReset passwordを設定する

Bubbleではデフォルトで上記のようなパスワードリセットページのデザインが用意されています(スクリーン名はreset_pw)。

先程のメールに添付されたパスワード再設定用URLをクリックするとそのページに案内されます。

登録ボタンにWorkflowで[ Reset password ]を以下のように設定してあげます。

仕上げとしてWorkflowのStep2では、Go to pageでログインページへ遷移するように設定してあげると親切でしょう。

ログイン画面に「パスワードを忘れた方はこちら」という文言でテキストリンクを設置する

最後に、ログイン画面のログインボタン下に「パスワードを忘れた方はこちら」という文言でテキストリンクを配置して完成です。

WorkflowにはGo to pageでDestinationを先程作成したreminderページを指定してあげます。

完成です。お疲れ様でした!

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次