BubbleでOption setsに親子関係を持たせたドロップダウンで絞り込む検索機能の実装方法

ノーコードツール「Bubble」でOption setsに親子関係を持たせ、それを使ったドロップダウンで絞り込む検索機能の実装方法を紹介します。

こんな人におすすめです

  • 2つのOption setsに親子関係を持たせる方法を知りたい人
  • ドロップダウンで親カテゴリーの値に応じて、子カテゴリーのドロップダウンの選択肢をセットする方法が分からない人
  • 2つのOption setsでRepeating Groupを絞り込みたい人

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

実装イメージ

初期状態では全データを表示させて、親カテゴリーのドロップダウンが選択されたときに、その親カテゴリーに紐づく子カテゴリーを子カテゴリードロップダウンにセットし、RepeatingGroupのデータもそれに応じて絞り込みます。

子カテゴリーのドロップダウンが選択されたときも同様にさらに絞り込みを行います。

実装イメージの構造(Element tree)は以下の通りです。

実装手順

Bubbleで、親子関係Option sets × RepeatingGroupは以下の手順で実装します。

  1. 子カテゴリーのOption setsを作成する
  2. 親カテゴリーのOption setsを作成する
  3. 親カテゴリーの各Optionsに子カテゴリーを紐付ける
  4. UserタイプにOption sets2つを格納するフィールドを追加する
  5. ドロップダウンを2つ設置する
  6. RepeatingGroupを2つのOption setsで絞り込む

まずはOption setsを2つ作成していきます!

子カテゴリーのOption setsを作成する

親カテゴリーのOption setsと紐付ける必要があるので、子カテゴリーのOption setsから先に作成します。

例ではオプションセットの名前を「child_category」にして、子カテゴリー1から6までのOptionsを用意しました。

親カテゴリーのOption setsを作成する

親カテゴリーOption setsの設定画面
new attribute追加画面

次に親カテゴリーのOption setsを作成します。

設定ポイントは、「Create a new attribute」から子カテゴリーを紐付けるためのchildを追加することです!

Attribute typeには先程作成した子カテゴリーのOption sets「child_category」を指定してあげましょう。

親カテゴリーの各Optionsに子カテゴリーを紐付ける

STEP.1
STEP.2
追加できました

親カテゴリーに子カテゴリーを紐付ける準備が整ったので、親カテゴリーの各Optionsに任意の子カテゴリーを紐付けましょう。

地道な作業です。各Optionsの「Modify attributes」をクリックすると子カテゴリーOption setsを追加するためのドロップダウンが表示されるので設定してください。

UserタイプにOption sets2つを格納するフィールドを追加する

親Option setsの設定
子Option setsの設定

次はUserタイプにOption sets2つを格納するフィールドを追加しましょう。

Field typeは各Option setsを選択してください。

ドロップダウンを2つ設置する

親カテゴリーのドロップダウン設定
子カテゴリーのドロップダウン設定

Option setsの値をセットするドロップダウンをDropdownエレメントで画面に設置します。

設定ポイントは、子カテゴリーのドロップダウンのChoices sourceを「Dropdown 親カテゴリー’ value’s child」とすることです!

その他の設定項目について一般的なものなので今回の記事では割愛させていただきますm(_ _)m

RepeatingGroupを2つのOption setsで絞り込む

仕上げです。

RepeatingGroupの絞り込み条件(Constraint)を以下2つのドロップダウンの値で設定してあげましょう。

  • parent_category = Dropdown 親カテゴリー's value
  • child_category = Dropdown 子カテゴリー's value

※parent_categoryとchild_categoryはそれぞれUserタイプに設定したフィールドです。

もう1点重要なのは、「Ignore empty constraints」にチェックを入れること。ここにチェックが入っていないと、初期状態(ドロップダウンが未選択)のときにRepeatingGroupのデータが何も表示されなくなってしまいますので注意です!

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次