【Bubble】RepeatingGroupの重複削除!投稿年月による絞り込み時に大活躍

ノーコードツールBubbleで、データの投稿月や投稿年で特定のデータの絞り込みをかける際、絞り込み選択項目(Type of contentがdate)が重複するのを防ぐ(RepeatingGroupの重複削除)方法をご紹介。

文章だけだとイメージが湧かないと思います。下の添付画像が発生する重複の具体です。左が求める結果で、右が重複発生時の例。

年月単位の選択項目をDropdownエレメントで表示する際は重複起きませんが、ドロップダウンではなく上記のようなデザインで項目を表示させる場面は多々あると思います。そういったときにはRepeatinGroupを使いますが、RGだと表示が重複してしまうのです。今回の記事ではこの重複を削除するTipsをシェアさせていただきます!

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

もっと知る →

前提:重複する場合のRepeatingGroupの設定例

前提として、絞り込みたいデータの各投稿からRepeatingGroupの選択項目を投稿月単位で抽出したい場合、添付画像のようにType of contentをdateにし、Data sourceで:rounded down to monthを用いると、20204年5月・2024年4月のようなフォーマットで表示が可能です。

設定サンプル

しかし、このままの設定ですと、たとえばデータベースに以下のデータが登録されていたときに重複表示されてしまうんです。

・2024年5月2日に投稿したデータ
・2024年5月5日に投稿したデータ
・2024年5月18日に投稿したデータ
=>結果、2024年5月という表示が3つ出てしまう。。。

次の項で上記問題を一瞬で解決するBubbleのオペレーターを紹介します!

unique elementsオペレーターで重複を防げる!

結論。Data sourceのinsert dynamic dataの末尾に「:unique elements」オペレーターをつけてあげれば重複解決できます!

unique elementsはOTHER OPERATORS内の下のほうにスクロールしていくと見つかります。

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ詳細

    お問い合わせでご入力頂いた個人情報のお取り扱いについて

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次