【Bubble】Math.jsとArbitrarを使って複数Inputの値を連結する方法!

ノーコードツール「Bubble」で、複数のInputエレメントの入力値を連結するアプローチ例を紹介します。

プラグイン「Math.js」とArbitrary textが今回の実装のキーマンです。たとえば、5つのInputに入力された数字(各1文字制限)を連結して5桁の数字にするときに活躍します!

次項の実装イメージをご覧いただければ「これは将来絶対使う機会あるわ!」となると思うのでぜひ実装チャレンジしてみてくださいませ。

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

2段階認証用の5桁のコードをユーザーに入力してもらう画面で使う想定です。

Math.jsで計算した内容はMath.js's Resultといった感じで取得できるので、それをワークフローのOnly whenなどで活用するイメージです。

次項ではMath.jsで計算する式なども含めて解説していきます!

実装手順

以下の手順で実装します。

  1. プラグイン「Math.js」をインストールする
  2. Inputエレメントを5つ設置する
  3. Math.jsエレメントを設置してExpressionの設定をする

プラグイン「Math.js」をインストールする

まずはプラグイン追加ページでMath.jsを検索して、インストールします。

Mathは日本語で数学という意味がありますね。

Inputエレメントを5つ設置する

Inputエレメントを横並びで5個設置

次に、ユーザーが数字を入力する欄をInputエレメントで5つ横並びで設置します。

サンプルではInputエレメントを横並びにするために、Groupの中に入れて、LayoutをRowに設定してます。Inputのサイズは横幅50px、縦幅50pxくらいです。Input間の余白は、GroupのRowのSpace arroundで調整してます。

InputのContent format設定

各InputのContent formatはIntegerに設定してください。

Math.jsエレメントを設置してExpressionの設定をする

次に、Math.jsエレメントを設置し、Expressionの設定でArbitrary textを用いて、上記のように5つのInputに入力された数字を連結させる式を設定します。

計算の考え方は、以下の通りです。

  1. 1つ目のInputに入力された数字を10,000倍する
  2. 2つ目のInput値を1,000倍する
  3. 3つ目のInput値を100倍する
  4. 4つ目のInput値を10倍する
  5. 5つ目のInput値はそのまま
  6. ①〜⑤を足し算して5桁の数字にする

Bubbleのエディタは癖があるので、()や+を用いてた入力には苦戦するとは思いますがめげずにチャレンジしてみてください・・・!

▼実際の入力例

(Input code1's value * 10000)+(Input code2's value * 1000)+(Input code3's value * 100)+(Input code4's value * 10)+Input code5's value

上記を入力する際に、*のあとの数字を入力したときに一度Enterキーを押すのがコツです。数字の次の)を入力する際は一度カーソル外してから操作してみてください。

Math.jsの計算結果を出力する

最後に、実際にMath.jsで計算して5桁の数字が生成できているか確認しましょう。

Math.jsエレメントで計算した結果は、Math.js’s Result(Number)という形でInsert dynamic dataで挿入することができます!

TextエレメントのAppearanceに設定して検証してみてくださいませ。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次