【Bubble】ユーザーのログイン情報を保持する方法(ログイン時に自動的にメールアドレスが入力される)

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

こんにちは!EPICs合同会社です!

今回はノーコードツール「Bubble」で「ユーザーのログイン情報を保持する方法」をお伝えします!

もう少し詳細に言うと、ログインをした際にログイン情報で使用したメールアドレスを保持して、「次回以降のログイン時にメールアドレスが自動入力されている」状態にするあれです!(笑)

動画解説バージョンはこちら!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発の特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

2回目以降のログイン時に下記画像のように前回のログイン時に使用したメールアドレスが自動入力されている。

実装手順

以下の手順で実装します。

  1. ログイン機能の実装
  2. ログイン情報の保持設定

ログイン機能の実装

最初に簡単にログイン機能の紹介と今回の設定を共有させていただきます。

ログイン時は、「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「Stayed logged in」は検証がしやすいように「No」に設定しています。

ログイン情報の保持設定

2回目以降のログイン時に、メールアドレスが自動で入力された状態にする方法は上記にて紹介したログイン設定に、たったワンアクション追加するだけです!

「Remember the email」「yes」に変更をしましょう!

これだけで、2回目以降のログインの際は前回のログインで使用したメールアドレスが自動入力されるようになります!

これで今回の解説は以上です!

本記事が開発力の向上や開発を検討している方のお役に立てておりましたら幸いです。

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次