商品一覧で使える!BubbleでRepeatingGroupのGroupを横スクロールさせる方法

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

少ないスペースで商品一覧を表示したいときなどに横スクロール(横スワイプ)機能。

ノーコードツール「Bubble」のRepeatingGroupのGroupエレメントを横スクロールさせる方法を紹介します。

横スクロールできるタブバーをOption setを使って作りたい方はこちらの記事もぜひご確認ください。

Bubbleで超絶シンプルな横スクロールメニューを作る方法!

では解説入ります!

動画解説バージョンはこちら!!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発の特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

冒頭でお伝えした通り、商品一覧を横スクロール可能にするのが今回の実装イメージです。

実装イメージ動画のElements Treeは以下の通りです!

実装手順

以下の手順で実装します。

  1. RepeatingGroupのAppearanceとLayout設定をする
  2. RG直下のGroupのLayout設定をする
  3. Group間の余白はMarginのRightで調整する

今回の記事の主題は、RepeatingGroupを横スクロールさせることなので、各エレメントのType of contentやData sourceの設定方法については割愛させていただきます。ご了承くださいませ。

RepeatingGroupのAppearanceとLayout設定をする

RepeatingGroupのAppearanceタブの設定
RepeatingGroupのLayoutタブの設定

まずは、横スクロールさせたいRepeatingGroupのAppearanceとLayoutの設定を添付画像のようにします。

ざっくり言うと、「Max widthを指定して、Rowsを1にして、ColumnのMin widthに各商品の横幅を指定する」です。

各widthの値は、ご自身のプロジェクトのデザインに合わせて調整してくださいませ。

RG直下のGroupのLayout設定をする

次に、RepeatingGroupの中のGroup(サンプルではアイテム)のLayout設定をします。

と言ってもやることは単純明快。先程RepeatingGroupの「Min width of column」に指定したものと同じ値を入力してあげればOKです!

Group間の余白はMarginのRightで調整する

最後にRepeatingGroupの各Group間の余白をつけて完成です。

余白の付け方は色々あるとは思いますが、今回の実装ではRepeatingGroup直下のGroupのMarginのRightで調整します。

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次