商品一覧で使える!BubbleでRepeatingGroupのGroupを横スクロールさせる方法

少ないスペースで商品一覧を表示したいときなどに横スクロール(横スワイプ)機能。

ノーコードツール「Bubble」のRepeatingGroupのGroupエレメントを横スクロールさせる方法を紹介します。

横スクロールできるタブバーをOption setを使って作りたい方はこちらの記事もぜひご確認ください。

Bubbleで超絶シンプルな横スクロールメニューを作る方法!

では解説入ります!

動画解説バージョンはこちら!!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

冒頭でお伝えした通り、商品一覧を横スクロール可能にするのが今回の実装イメージです。

実装イメージ動画のElements Treeは以下の通りです!

実装手順

以下の手順で実装します。

  1. RepeatingGroupのAppearanceとLayout設定をする
  2. RG直下のGroupのLayout設定をする
  3. Group間の余白はMarginのRightで調整する

今回の記事の主題は、RepeatingGroupを横スクロールさせることなので、各エレメントのType of contentやData sourceの設定方法については割愛させていただきます。ご了承くださいませ。

RepeatingGroupのAppearanceとLayout設定をする

RepeatingGroupのAppearanceタブの設定
RepeatingGroupのLayoutタブの設定

まずは、横スクロールさせたいRepeatingGroupのAppearanceとLayoutの設定を添付画像のようにします。

ざっくり言うと、「Max widthを指定して、Rowsを1にして、ColumnのMin widthに各商品の横幅を指定する」です。

各widthの値は、ご自身のプロジェクトのデザインに合わせて調整してくださいませ。

RG直下のGroupのLayout設定をする

次に、RepeatingGroupの中のGroup(サンプルではアイテム)のLayout設定をします。

と言ってもやることは単純明快。先程RepeatingGroupの「Min width of column」に指定したものと同じ値を入力してあげればOKです!

Group間の余白はMarginのRightで調整する

最後にRepeatingGroupの各Group間の余白をつけて完成です。

余白の付け方は色々あるとは思いますが、今回の実装ではRepeatingGroup直下のGroupのMarginのRightで調整します。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次