Bubbleでハンバーガーメニューを作る方法!GroupFocusとAnimateで

ノーコードツール「Bubble」でシンプルなハンバーガーメニューを作る方法をご紹介。

この記事の内容の通り手を動かしていただければ、以下のハンバーガーメニューがサクッと作れます。

  • ハンバーガーアイコンをクリックしたらメニューがフェードインする
  • バツマークをクリックしたらメニューがフェードアウトする

GroupFocusエレメントとAnimateアクションが肝です。

あなたのBubble開発の一助にならんことを願う。よろしくどうぞ!

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

ハンバーガーアイコンをクリックしたらメニューがフェードインし、バツマークをクリックしたらメニューがフェードアウトする、そんなシンプルなハンバーガーメニューを作ります。

実装手順

ハンバーガーメニューは以下の手順で実装します。

  1. ヘッダーの中にハンバーガーアイコンを設置する
  2. GroupFucusでハンバーガーメニューの中身を作る
  3. ハンバーガーアイコンのWorkflowでFadeInを設定する
  4. メニュー内の閉じるアイコンのWorkflowでFadeOutを設定する

事前準備として、Groupエレメントでヘッダーを作っておいてください。ヘッダーはContainer layoutをAlign to parentに設定し、左右に8pxのPaddingをつけて最低限の余白を確保しておきましょう。

ヘッダーの中にハンバーガーアイコンを設置する

まずは、Iconエレメントを選択してヘッダーの中にハンバーガーアイコン(Icon fa fa-bars)を設置します。

親要素ヘッダーがAlign to parentになってるので、ハンバーガーアイコンを置いたら左端にレイアウトされます。されない場合はアイコンのLayoutタブから左端に変更してください。

GroupFucusでハンバーガーメニューの中身を作る

次に、アイコンをクリックしたときに表示させるハンバーガーメニューをGroupFocusエレメントで作ります。GroupFocusを選択してページに置いてください。

上の画像のように、GroupFocusの[ Reference element ]をヘッダーに設定します。こうすることでGroup headerの直下にピタッとハンバーガーメニューの中身を設置できます。位置を調整したいときは[ Offest top ]と[ Offset left ]を編集してください。

GroupFocusのデザイン設定としては下記をします。

  • Container layoutをColumnにする
  • 上下左右にPaddingを8px設定し余白を設ける

あとは、お好みで閉じるアイコンとメニュー項目を設置してください。

メニュー項目(Textエレメント)のデザイン設定としては下記をします。

  • Text AlignmentをCenterにして文字を中央寄せにする
  • Fit high to contentにチェックを入れる
  • 上下にPaddingを16px設定し余白を設ける
  • etc…

ハンバーガーアイコンのWorkflowでFadeInを設定する

ハンバーガーアイコンをクリックしたときにGroupFocusで作ったメニューを表示させたいので、ハンバーガーアイコンのWorkflowでAnimateを設定します。

ElementにはGroupFocusを指定し、Animationはお好みで。今回はTransition FadeInを採用しました。Define a custom duarationにチェックを入れると、アニメーション速度を調整できるようになります。デフォルトの500msが早すぎず遅すぎず心地よいスピード感なのでママでOKだと思います。

メニュー内の閉じるアイコンのWorkflowでFadeOutを設定する

仕上げに、メニュー内の閉じる(Close)アイコンのWorkflowにAnimateでFadeOutを設定して完成です。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次