BubbleのFloatingGroupを中央寄せに配置する方法

ノーコードツール「Bubble」で、ページ最下部に固定メニューなどを配置したいときに重宝する「FloatingGroup」。

現在のBubbleの仕様では、FloatingGroupのAppearanceやLayoutタブの設定だけで中央寄せに配置する方法が分からず困っていましたが、先日いろいろ試行錯誤して中央寄せにするテクニックを発見したのでご紹介します。

実際の画面キャプチャ付きで解説するのでぜひ試してみてくださいませ!

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

今回ご紹介するテクニックを使うと、下記のようなFloatingGroupで作ったメニューをPCでもスマホで閲覧したときでも中央寄せに配置できます。

FloatingGroupを中央寄せに配置するポイント

FloatingGroupを中央寄せに配置するときのポイントは以下の通り。太字箇所が特に重要です。

  • FloatingGroupはRow、container elementはcenteredで設定する
  • FloatingGroupを横幅100%に設定する
  • FloatingGroupにfixed-height設定する(55pxなど)
  • FloatingGroupの中にGroupを入れ(Row、container elementはspace around)、必要に応じてmin-widthやmax-widthを設定する
  • そのGroupの中にメニュー項目を入れる(複数)

Elements Three

今回紹介している中央寄せの方法は、上記のようなElements Threeでやってます。あわせて参考までにどうぞ。

FloatingGroupの設定

FloatingGroupのLayoutを以下のように設定します。

スクロールできます
設定項目設定内容
Container layoutRow
Container alignmentCentered
Make this element fixed-widthチェックを入れる
width100%
Padding LeftとRight左右に最低限の余白を設けるために10pxなど設定する

FloatingGroupのAppearanceの「Horizontally float relative to」で中央寄せを設定できたら理想なのですが、執筆時点ではLeftとRightしか選択肢がなく痒いとこに手が届かないなあと思いました。

したがって、上記のようにFloatingGroup自体は横幅100%にしておいて、その子要素を中央寄せに設置するという考えにいたりましたわけです。

FloatingGroup直下のGroupの設定

次に、FloatingGroup直下にGroupエレメントを入れ、そいつのLayoutを以下のように設定していきます。

スクロールできます
設定項目設定内容
Container layoutRow
Container alignmentSpace around
Min widthお好みでデザインに合わせて320pxなど
Max widthお好みでデザインに合わせて768pxなど
日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次