【Bubble】特定のページでブラウザバックを禁止する方法

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

ノーコードツールBubbleで作るアプリケーションで、特定のページのブラウザの戻るボタンをクリックしても前の画面へ戻れなくするいわゆるブラウザバック禁止の実装方法を紹介します。

実装時に、Bubbleの無料プラグイン「Toolbox」のRun javascriptアクションを使用するため、事前にインストールのご対応だけよろしくお願いいたします。

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

上のサンプル動画は、ブラウザバックを禁止する前のページ=>ブラウザバック禁止ページの遷移イメージです。

遷移前のページの次の画面へボタンをクリックして、ブラウザバック禁止ページへ遷移し、ブラウザの戻るボタンをクリックしても前の画面へ戻れなくなる挙動が今回のゴールです。

※ブラウザの戻るボタンをクリックしたときに、一瞬前の画面がチラつくのはご愛嬌。

Bubbleでブラウザバック禁止を実装する手順

以下の手順でBubbleのWebアプリケーションにおいてブラウザバック禁止を実装します。

  1. ブラウザバック禁止ページの前の画面のPage is loadedイベントでRun javascriptを設定する
  2. ブラウザバック禁止ページのPage is loadedイベントでRun javascriptを設定する

今回の実装ではBubbleのプラグイン「Toolbox」のRun javascriptアクションを使い、ページロード時にjavascriptの処理を実行させます。

Page is loaded イベントは、Bubbleアプリケーションでページが完全に読み込まれたときにトリガーされるイベント。このイベントを利用することで、ページ読み込み後に実行したいアクションや設定を指定することができます。

ブラウザバック禁止ページの前の画面のPage is loadedイベントでRun javascriptを設定する

ブラウザバックを禁止したいページに遷移する前の画面で、以下のJavaScriptコードを実行したいので、Bubbleの「Page is loaded」イベントのStep1で上の添付画像のようにRun javascriptアクションを選択肢、コード欄に下記をペーストします。

// ブラウザのナビゲーションが「戻る」や「進む」ボタンによるものであれば
if (window.performance.navigation.type == 2) {
    // 履歴を一つ進める(ユーザーが「戻る」ボタンを押しても、元のページに留まる)
    history.forward();
}

// ページがアンロードされるときのイベントリスナーを設定
// 何もしないが、ページがキャッシュされないようにするために必要
window.addEventListener("unload", function() {});

// ページが表示されたときのイベントリスナーを設定
window.addEventListener("pageshow", function evt(evt) {
    // ページがキャッシュから読み込まれた場合
    if (evt.persisted) {
        // ページをリロードして最新の状態に更新
        location.reload();
    }
});

1つずつコメントを入れてますが、無くても実行には影響ないのでペーストする際に消してもらって構いません。

ちなみに、window.performance.navigation.type は、Webページがどのようにして現在の状態になったかを示すプロパティです。このプロパティには以下3つのタイプがあり、上記サンプルコードではvalueが2のとき、つまりユーザーがブラウザの戻るボタンを押してページに戻ったことの判定をしています。

value説明
0以下の場合にこの値が設定される。

・ユーザーがリンクをクリックする
・ブックマークから移動する
・他のページからリダイレクトされる
1ユーザーがページをリロード(再読み込み)したときにこの値が設定される。
2ブラウザの戻る・進むボタンを押したときや、history.back() や history.forward() メソッドが呼ばれたときにこの値が設定される。
history.back() は、現在のページから一つ前のページに戻るためのメソッド。このメソッドは、ユーザーがブラウザの「戻る」ボタンをクリックするのと同じ効果を持つ。
history.forward() は、現在のページから一つ先のページに進むためのメソッド。このメソッドは、ユーザーがブラウザの「進む」ボタンをクリックするのと同じ効果を持つ。

ブラウザバック禁止ページのPage is loadedイベントでRun javascriptを設定する

次に、ブラウザバックを禁止したいページ自体で、以下のJavaScriptコードを実行したいので、Bubbleの「Page is loaded」イベントのStep1で上の添付画像のようにRun javascriptアクションを選択肢、コード欄に下記をペーストします。

// 現在のURLを履歴スタックに新しいエントリーとして追加
// これにより、ブラウザの「戻る」ボタンを押してもURLが変わらないようにする
window.history.pushState(null, null, window.location.href);

// ブラウザの「戻る」ボタンが押されたときに発生するイベントに対するリスナーを設定
window.addEventListener('popstate', (e) => {
  // 履歴を一つ進める(ユーザーが「戻る」ボタンを押しても、元のページに留まる)
  history.go(1);
});
無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次