【Bubble】アップロードしたファイルをデータベースから削除する方法

ノーコードツールBubbleで、PictureUploaderエレメントやFileUploaderエレメントからアップロードしたファイルをデータベースから完全削除するワークフローの設定方法をご紹介!

こんなお悩みを抱えているバブラーの方は、ぜひ参考にしてくださいませ。

  • Uploader系のエレメントからアップロードされたファイルを、BubbleのFile managerから削除するワークフローを組みたいけど、どのアクションを使えば実装できるか分からない…
  • BubbleのDelete an uploaded fileを使ってみたいけど、やり方が分からず困っている…
目次
無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

実装イメージ

BubbleではPictureUploaderなどからアップロードしたファイルは、File managerに保存されます。

Reset inputsアクションを使うと、見た目上はアップローダーが空になるので、データベースからも消えていると思いがちですが、実際はFile managerのほうにはちゃんと保存されたままで残ります。

次項で、File managerからも完全にファイルを削除するワークフローの組み方を解説いたします!

Delete an uploaded fileを使ってファイルを完全削除する

結論。以下の手順でFile managerからファイルを完全削除するワークフローを組みます。

  • 削除ボタンをクリック時にワークフローを設定する
  • Step1でDelete an uploaded fileを使い、PictureUploaderなどのvalueを指定する
  • Step2でReset inputsを使い、PictureUploaderを空にする

ワークフローが設定できたら「ファイルをアップロード」=>「削除ボタンをクリック」の一連の流れを検証して、File managerからほんとうにアップロードファイルが削除されているか確認しましょう!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ詳細

    お問い合わせでご入力頂いた個人情報のお取り扱いについて

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次