【Bubble】緯度経度をgeographic address型に変換する方法

ノーコードツールBubbleで何かしらの形で取得した緯度経度を、geographic address型に変換する方法をご紹介します。

以下に少しでも当てはまる方向けの記事内容です。知っていれば今すぐに実践できるのでぜひ最後までご覧ください。

  • 何かしらの方法でMapエレメントにピンを立てた位置の緯度経度を、Bubbleのgeographic address型に変換する方法を探している
  • 緯度経度をgeographic型に変換し、その値をもってBubbleのMapエレメントにピンを表示させたい
  • プラグインMap Extenderを使い、Map上にピンを立て、その緯度経度をgeographic address型に変換して保存しようとしている
目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

もっと知る →

実装イメージ

今回の実装イメージは上の添付画像と下の動画です。

サンプルでは新宿駅の緯度経度をGoogleマップでコピーしたものをBubbleのgeographic address型に変換しています。

実際にプロジェクトに組み込む際は、MapエレメントのMarker address欄に緯度経度をgeographic address型に変換した値をセットして使うことが想定されます。

Calculate formulaのCoordinates to Addressで実装できます

見出しにある通り、結論。Bubbleに用意されている機能の1つ「Calculate formula」の「Coordinates to Address」を使えば緯度経度情報からgeographic address型への変換が可能です!

実装方法はまず、該当エレメントのInsert dynamic dataで一番下までスクロールしていくと「Calculate formula」選択肢が出てくるのでクリック!

次に、Typeの中から「Coordinates to Address」を選択します。Coordinatesは「座標」という意味があるそうです。つまり、この選択肢は座標から住所へ、という風な意味ですね。

latitudeが緯度で、longitudeが経度です!

選択すると、緯度経度の入力欄が出現します。Inputの値でも良いですし、データベースの値でも、Custom stateに保存した値でも可能です。

入力すれば完成です!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ詳細

    お問い合わせでご入力頂いた個人情報のお取り扱いについて

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次