Bubbleのお問い合わせフォームで自動返信メールを実装する方法

ノーコードツール「Bubble」で作ったお問い合わせフォームに自動返信メールを実装する方法をご紹介。

先日公開した「【Bubble】お問い合わせフォームを作る方法」のつづきです。

前回は、送信ボタンをクリックしたら管理者メールアドレスにお問い合わせ内容が記載されたメールが届くところまで実装しました。今回はその続きで、メール送信者に、自分が入力したお問い合わせ内容が記載された自動返信メールが送られるように実装します。

送信ボタンのWorkflowで2段階のSend emailを設定するのが肝です。自動返信メールのテンプレもあわせて紹介しますのでご参考によろしくどうぞ。

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

上はGmailのキャプチャです。お問い合わせフォームを送信した際に赤枠内の自動返信メールが送られてくるのが今回の成果物です。

実装手順

お問い合わせフォームの自動返信メールは以下の手順で実装します。

  1. お問い合わせフォームを設置する(各Inputタグ設置、ボタンにWorkflow設定)
  2. 送信ボタンのWorkflowのStep2で自動返信メール用のSend emailを設定する

手順①は前回の記事(「【Bubble】お問い合わせフォームを作る方法」)で実装済みなので、まだの方はそちらを先にご覧になってくださいませ。

それでは本命の手順②を以下で解説します。

送信ボタンのWorkflowのStep2で自動返信メール用のSend emailを設定する

  • 送り先Toには、Input メールアドレス’s valueをセットします
  • 送り主Sender nameには、管理者名などを入れます
  • 件名Subjectには、お問い合わせを正常に受信したことがわかるようなタイトルをつけます(一般的な自動返信メールの件名で良いでしょう)
  • メール本文Bodyには、ユーザーが入力したお問い合わせの内容を以下のようなテンプレにセットします。
お問い合わせ、誠にありがとうございます。
お客様のお問い合わせ内容を確認の上、担当者より折り返しご連絡させていただきます。

お名前:ここにInsert dynamic dataでInput 氏名's valueをセットする
件名:ここにInsert dynamic dataでInput 件名's valueをセットする
メールアドレス:ここにInsert dynamic dataでInput メールアドレス's valueをセットする
お問い合わせ詳細:ここにInsert dynamic dataでMultiline Input お問い合わせ詳細's valueをセットする

2023年9月20日追記:Bccに管理者メールアドレスなどをセットしてこのSend emailでWorkflowは1つにする、という実装方法もあります。その場合、Step1で管理者メールアドレス宛にSend emailを設定する必要はなくなります。どちらでもお好きな方で実装してみてくださいませ。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次