Bubbleで生年月日(誕生日)から年齢を自動で計算する方法

ノーコードツール「Bubble」でユーザーの生年月日(誕生日)から現在の年齢を自動で計算する方法を紹介します。

結論、以下の計算式で実装できます。

今日の日付 – 生年月日 / 10000の小数点切り捨て

マッチングアプリ制作時などに活躍するテクニックだと思うのでぜひ参考にしてみてくださいませ!

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

上記画像のように、ユーザー一覧やユーザー詳細に各ユーザーの年齢を表示させます。

年が一桁のユーザーから3桁と長寿ユーザーまで生年月日から年齢を自動計算可能です。

実装手順

以下の手順で実装します。

  1. Userにdate型でbirthdayフィールドを設ける
  2. 年齢表示するTextエレメントに計算式をセットする

Userにdate型でbirthdayフィールドを設ける

ユーザーの年齢を計算する元となるデータ「birthday」フィールドをdate型でUser Typeに追加します。

年齢表示するTextエレメントに計算式をセットする

RepeatingGroup内などでユーザーの年齢を表示させるTextエレメントのAppearanceに生年月日から年齢を計算する式をセットします。

計算式は冒頭でも述べた通り。

Current date/time(今日の日付) – User’s birthday(ユーザーの生年月日)/ 10000の小数点切り捨てです。

もう少し詳しく説明すると、今日の日付と生年月日のformattedはCustom formatで数字のみ表記にしたいので、「yyyymmdd」を入力します。

「:converted to number」は、文字列として保存されている数値を数値形式に変換する魔法です。

最後の「:floor」で切り捨てて完了!よしなに年齢の後に「歳」など手入力で入れてくださいね。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次