Adaloで綺麗なタブバーをナビゲーションコンポーネント使わずに作る方法

ノーコードツール「Adalo」で綺麗でシンプルなタブバー(ボトムナビゲーション)を作る方法をご紹介。

Adaloで最初から用意されている「ナビゲーションコンポーネント」を使わずに1からオリジナルで作りたいという方はぜひ参考にしてみてくださいませ。

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

実装イメージ

画面最下部固定でメニューが5つのナビゲーションを作ります。

完成形のコンポーネント構造は以下の通りです。

ざっくり解説すると、各タブをそれぞれGroupで作り、それらと横幅いっぱいの長方形をグループ化して最下部に固定するイメージです。

Adaloのタブバー実装手順

Adaloで1からタブバーを作るには以下の手順で実装します。

  1. 各タブのGroupを作る
  2. タブバー全体のRectangleを作成
  3. 5つのタブGroupとRectangleをグループ化する

各タブのGroupを作る

まずは各タブのGroupを以下の手順で作ります。少し骨が折れる作業ですが歯を食いしばって頑張りましょう。

  • タブのテキストを横幅75pxで設置
  • テキストの上にアイコンを設置
  • 横幅75px、縦幅56px(タブバー全体の縦幅に合わせる)のRectangle作成
  • Rectangle内に上下中央揃えでアイコンとテキストを配置する
  • 3コンポーネントをグループ化する

タブのテキストを横幅75pxで設置

今回タブ項目は全部で5つなので、画面横幅375px / 5で1つのタブの横幅は75pxにすれば均等になります。なので、テキストを横幅75pxでまず作ります。

文字サイズは10pxで中央寄せ。Widthを75pxに設定しましょう。

テキストの上にアイコンを設置

テキストの真上にIconコンポーネントでタブ内容に合ったアイコンを設置します。

アイコンサイズはデフォルトの24pxでいい感じだったのでママにしてます。

タブバーでよく使うアイコンは以下の英単語で検索すればすぐにヒットします。

  • home
  • search(さがす)
  • camera(出品)
  • chat、message(チャット、メッセージ)
  • person(マイページ)

横幅75px、縦幅56px(タブバー全体の縦幅に合わせる)のRectangle作成

次に、横幅75oxで縦幅が56px(ここは作りたいタブバーの高さに合わせてください)の背景色が白のRectangleをつくります。

※上記添付画像では分かりやすいように着色してます。

Rectangle内に上下中央揃えでアイコンとテキストを配置する

先程作ったRectangle内に上下中央揃えになるように調子しながらアイコンとテキストを配置しましょう。

3コンポーネントをグループ化する

タブにする準備が整ったので、3コンポーネントを選択してグループ化しましょう!

Group名は後から見たときに分かりやすいような名前にしてあげるのがおすすめです。

1つタブが完成したら残りの4タブも同じ要領で作成してください。

タブバー全体のRectangleを作成

タブバー全体の背景となるRectangleを横幅375px、縦幅56pxで作成します。

5つのタブGroupとRectangleをグループ化する

タブバーを作る準備が整ったので、5つのタブGroupと、横幅100%のRectangleをグループ化しましょう。

最後に仕上げで、横幅100%のRectangleにShadowをつけるのと、タブバーのGroupのFixedをBottomに変更して最下部に固定表示されるようにして完成です!

Shadowにチェック!
FixedのBottomをクリック!
日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次