5分で出来る!Adaloでプッシュ通知を実装する方法【Trigger Notification】

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

ノーコードツール「Adalo」で、プッシュ通知を実装する方法を紹介します。

Adaloでは、あなたが今予想している100倍簡単にプッシュ通知を実現できます。ほんと、すごい!

実装方法をざっくり言うと、「クリックアクションにTrigger Notificationを設定する」だけです。

タイトルに「5分で出来る!」と書きましたが盛っているわけではなくほんとに「あっ」という間に実装できますので、ぜひ臆せずチャレンジしてみてくださいませ!

動画解説バージョンはこちら!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発の特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

実装イメージは今回フリー素材で失礼しますm(_ _)m

プッシュ通知は、アプリ内で特定の操作・処理が行われた際に、該当ユーザーに上の添付画像のような通知を送ることができる機能です。

SNSなどのスマホアプリでよくあるプッシュ通知は以下が挙げられますね。

  • 【SNS】自分の投稿にいいねされたときに通知が届く
  • 【SNS】自分の投稿にコメントがついたときに通知が届く
  • 【フリマアプリ】出品した商品が購入されたときに通知が届く

ノーコードツールのAdaloでは上記のようなプッシュ通知をサクッと実装できます。

Adaloのプッシュ通知実装手順

以下の手順でAdalo版プッシュ通知を実装します。

  1. コンポーネントのクリックアクションにTrigger Notificationを設定する
  2. Trigger Notificationの設定をする

この記事ではフリマアプリを想定し、自分の出品した商品がいいねされたときにプッシュ通知を飛ばすイメージで解説していきます!

コンポーネントのクリックアクションにTrigger Notificationを設定する

まず、プッシュ通知を飛ばすコンポーネントのクリックアクションにTrigger Notificationを設定します。

上の添付画像のように、Notification > Trigger Notificationを選択しましょう。

サンプルではいいねされたときにプッシュ通知を飛ばしたいので、ToggleコンポーネントのいいねアイコンのクリックアクションにTrigger Notificationを設定しています。

Trigger Notificationの設定をする

次に、Trigger Notificationの設定、つまり、プッシュ通知で送る内容を設定します。

  • Recipient:プッシュ通知を送りたい相手を選択する
  • Title:プッシュ通知で表示させるタイトルを設定する(アプリ名など)
  • Body:プッシュ通知で表示させる文章を設定する
  • Screen:プッシュ通知を押したときに開くスクリーンを選択する

サンプルでは、出品者ユーザーに対して、どの商品が誰からいいねされたかをプッシュ通知で飛ばしたかったので以下のように設定しています。

また、アプリの仕様によってはログイン済のユーザーのみいいねできるなどがあると思うので、そういう場合はTrigger NotificationのADVANCED設定でログイン済ユーザーがクリックしたときのみ実行するということもできます。

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次