Adaloでログイン状態を判定する2つの方法

ノーコードツール「Adalo」でユーザーのログイン状態を判定する簡単な方法を紹介します。

たとえば、ログイン済ユーザーには「ログアウト」ボタンを表示して、逆に未ログインユーザーには「ログイン」ボタンを表示する実装をしたいときに活躍するTipsです。

また、あるボタンを押したときに、ログイン状態によって遷移先のページを分けたいときにも重宝します。

初歩的なスキルですが、Adaloを始めたてだと躓く箇所だと思うので、Adalo初学者の方はぜひ参考にしてみてくださいませ!

目次

Adaloのログイン判定実装パターン1

パターン1は、ユーザーのログイン状態によってコンポーネントの表示非表示を切り替えるTipsを紹介します。

冒頭でも述べたように、ログイン済ユーザーには「ログアウト」ボタンを表示して、逆に未ログインユーザーには「ログイン」ボタンを表示する実装です。

結論。コンポーネントのChange Visibilityで設定します!

上記のようにSometimes Visibleで設定します。

  • ログイン済みユーザーにのみ表示させたい場合は、Logged In User > email Is not equal to Emptyを選択します(初期状態でEmptyになっているのでそこはいじらないでOK!)
  • 未ログインユーザーにのみ表示させたい場合は、Logged In User > email Is equal to Emptyを選択します

Adaloのログイン判定実装パターン2

パターン2は、アクションの実行をユーザーのログイン状態によって切り分ける方法を紹介します。

結論。Actionの設定のSHOW ADVANCEDからWhen does this happenで設定できます。

  • ログイン済みユーザーのときだけアクションを実行したい場合は、Logged In User > email Is not equal to Emptyを選択します(初期状態でEmptyになっているのでそこはいじらないでOK!)
  • 未ログインユーザーのときにのみアクションを実行したい場合は、Logged In User > email Is equal to Emptyを選択します
「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次