【Adalo】アプリから直接Googleマップを開く方法

こんにちは!EPICs合同会社の大熊です!

今回はAdaloで開発したアプリとGoogleマップを連携して、アプリ上から直接Googleマップを開く方法について解説をしていきます!

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

実装イメージ

アプリ内に表示されている住所やボタンなどを押すとデータベース側で設定している住所に連動してGoogleマップが開かれる。

では早速実装方法についても解説していきます!

実装方法

1.データベースの準備

まずはGoogleマップで開きたい住所情報をデータベースに加えていきましょう!

今回は「shop」というcollectionを作りその中に「address」というPROPERTYを作成します。
※今回のGoogleマップを開く実装ではデータは上記のみで構いませんが、nameなどはお好みで作成してください。

データ項目の準備が出来たら「Recode」をクリックして、今回使うデータを追加していきましょう!

 

次に「ADD SHOP」を押してデータの追加画面に移動します。

下記の画面より、住所などの情報を打ち込んで「SAVE」をしてください。

こちらでデータの準備は完了です!

2.要素の配置

今回は住所を記載したテキストを押すとGoogleマップが開くように設定したいので、Listとテキストを配置します。


Listはshopデータの情報を引っ張りたいので、「shop」を選択し、テキストはList内に配置をしましょう!
※「Googleマップ」を開くなどの文言も用意するとさらにわかりやすいと思うのでおすすめです。

3.テキストへのアクション設定

次にテキストにアクション設定を入れていきます。

設置したテキストを選択したら「ADD ACTION」→「Link」→「Website」の順に選択をしてください。

上記の選択をすると「External Link」という項目が表示されます。

こちらのWebsite URLの欄に「https://www.google.co.jp/maps/place/と入力をします。

続いて直後にマジックテキストで住所データを設定しましょう。
→今回の場合は「current shop’s」→「address」

こちらで設定は以上です!

プレビューで住所テキストをクリックしたときにGoogleマップが開かれるか確認してみてください!

いかがでしたでしょうか?

無事Googleマップが開かれたことかと思います。

今回の記事が開発力の向上や開発を検討している方のお役に立てておりましたら幸いです。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次