【Adalo】ドロップダウンメニューの作り方

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

こんにちは!EPICs合同会社の大熊です!

今回はノーコードツールAdaloを使用してドロップダウンメニューを実装する方法について解説をしていきます!

動画解説バージョンはこちら!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

今回の実装イメージはこちらです!

画像の「性別」の項目に「男性、女性、その他」という選択肢が表示されているかと思います。このようなドロップダウンメニューを表示、および選択ができるようにすることが本記事のゴールとなります。

実装方法

1.データベースの準備

今回はユーザーに性別を選んでもらう形式でドロップダウンメニューを実装するので、

Userデータと性別データを準備します。

性別データには性別の種別を入れ込みたいので、typeをテキストでnameなどのPROPERTYを用意しましょう!

2.性別データの入力

次にsexのデータベースに性別の種別を追加しましょう!

まずはRecordsを選択します。

そうすると次のようなデータ入力画面に移ります。

こちらでドロップダウンメニューとして表示をさせたいデータを入力します。
※今回は「男性、女性、その他」を追加します。

データを入力すると、一つ前の画面に戻り、入力したデータ内容が表示されるようになります。

3.Relationshipの設定

次にRelationの設定をしていきます。

引き続きsexのデータベースを開いたまま、「ADD PROPERTY→Relationship→User」の順で選択をしてください。

そうすると下記のような画面が出てきます。

こちらはそれぞれのデータの関係性をどのように設定するか?という項目です。

今回は、一人のユーザーは性別を一つしか持つことができず、性別のデータは多くのユーザーを保有できるので、上から二つ目のN:1の関係性を選択しましょう。

これでデータ周りの設定は以上です!

4.ドロップダウンメニューの表示設定

では最後にドロップダウンの表示画面の設定のみ行いましょう!

今回は新規登録時にドロップダウンにて性別を選んでもらいたいので、新規登録画面に性別の選択肢を追加します。

※この時にADD VISIBLE FIELDで性別のデータが出てこない場合はRelationshipの設定を間違えていないか確認してみましょう!

これで新規登録ページに性別の項目も表示が出来たかと思います!

これで設定は以上です!

最後に検証をしてみましょう!

いかがでしょうか?

下記の画像のようにドロップダウンメニューは表示されましたでしょうか?

少しでも今回の記事が開発力の向上や、開発の依頼を検討されている皆様のお役に立てておりましたら幸いです!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次