Adaloでウェルカムスクリーン、オープニング画面を表示させる方法

ノーコードツール「Adalo」でウェルカムスクリーン(オープニング画面)を表示させる方法を紹介します。

ウェルカムスクリーンとはアプリ起動時に最初に表示される画面です。たとえば、アプリのロゴを上下中央揃えで表示させて数秒後にホーム画面に遷移させるなど、よく見かけるあの動きですね。

知っていれば何てことはないですが、筆者もAdalo触りたての頃は設定方法が分からず苦戦しました…。この記事では画像てんこ盛りで分かりやすく解説するので、Adalo初学者の方の開発の一助になれば幸いです!

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

Adaloでウェルカムスクリーンを実装する手順

以下の手順で実装します。

  1. Adaloエディタの一番左に、オープニング画面にしたいスクリーンを移動する
  2. Screen Navigation Typeを「Home Screen」「Welcome Screen」に設定する
  3. スクリーンのアクションのLinkで遷移先の設定をする

※②と③に関してはご自身のプロジェクトの仕様に合わせてよしなに変更してください。

Adaloエディタの一番左にスクリーンを移動する

まずは、ウェルカムスクリーン(オープニング画面)にしたいスクリーンをAdaloエディタ上の一番左に移動しましょう。

スクリーン名はWelcomeが良いでしょう。

完全に余談ですが、Adaloで開発していく中で左から右へ流れていく感じでスクリーンを配置していくと後から誰が見ても確認しやすいのでおすすめです。

Screen Navigation Typeを「Home Screen」「Welcome Screen」に設定する

初期状態ではNormal Screenに設定されてます!

次に、該当のスクリーンのスクリーン名の右に表示されている鉛筆アイコンをクリックして出てくるScreen Navigation Typeを「Home Screen」「Welcome Screen」に設定します。

スクリーンのアクションのLinkで遷移先の設定をする

最後に、スクリーン自体のアクションでLinkで遷移先の設定をしてあげて完成です!

実際には例えば、ユーザーのログイン状態によって遷移先のスクリーンを変えるなどが挙げられます。

  • ログイン済の場合は、Homeスクリーンへ遷移させる
  • 未ログインの場合は、Signupスクリーンへ遷移させる

上記はあくまで一例です。ご自身のプロジェクトの仕様に合わせて変更・調整してくださいませ!

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次