【早見表つき】ノーコード開発にかかる費用を解説!フルスクラッチとの比較や内訳も紹介

こんにちは!EPICs合同会社です!

  • ノーコード開発費用の相場はいくら?
  • 従来のスクラッチ開発に比べるとどれくらいなの?
  • 費用の内訳はどうなっているの?

弊社は日本トップクラスのノーコード開発実績を持つ会社となっておりますが、開発費用・料金についてこのような疑問を持つ方が多くいらっしゃいます。

そこで今回は、ノーコード、スクラッチそれぞれの開発費用の違いや開発にあたって費用が増減する要因についてお伝えをしたいと思います!

ぜひ本記事の内容を踏まえコスパの良い開発が行える様になりましょう!

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

もっと知る →

【早見表でフルスクラッチ開発と比較】ノーコード開発にかかる費用

ノーコード開発とは、コーディングの作業を省略できる開発方法です。

そのため開発コストや開発期間の削減ができるというは大きなメリットがあります!

ここでは、ノーコード開発と従来のフルスクラッチ開発の費用を比較し、どのようにコスト削減が可能かを解説します。

ノーコード受託開発会社に依頼する場合

スクロールできます
費用の種類ノーコード開発フルスクラッチ開発
初期費用約100〜500万円約500〜数千万円以上
運用費用約1〜5万円/月月額数十万円以上

ノーコードで開発すると、受託開発会社に依頼してもスクラッチ開発に比べ数分の1〜10分の1程度の低コストで開発することが可能です!

従来のフルスクラッチ開発であればミニマムでも500万以上。ある程度の品質や機能を求めるとなると数千万円は必要となります。

一方ノーコード開発の場合、開発費用は約100万円から500万円ほどになることが多いです。目安としてはスクラッチ開発に比べ約1/3から1/10のコストで済むケースが多いです。

たとえば、ある中小企業がオンラインでの予約システムを新たに立ち上げたいと考えた場合、フルスクラッチ開発では設計からコーディング、テストまで全てを一から行う必要があり、予約システムだと1500万円以上が相場と言われています。

しかし、ノーコード開発を利用すれば、同じようなシステムを300万円程度で開始できます!

全体の費用相場:初期費用と運用費用

ノーコード開発では初期費用が抑えられるだけでなく、運用費用も同様に削減できます!

フルスクラッチ開発と比較して、維持管理がシンプルなため長期的なコスト削減が見込めます。

具体的な数字としては月に1〜5万円程度。

ノーコードで開発した場合の運用費用は、フルスクラッチの約半額以下に抑えられるケースが多いです!

種類別の費用相場

アプリの種類によって、ノーコードとフルスクラッチ開発の費用差は異なります。

スクロールできます
アプリの種類ノーコード開発フルスクラッチ開発
マッチングアプリ200〜550万円500万円〜数千万円以上
SNSアプリ200〜500万円500万円〜数千万円以上
eラーニング・学習アプリ100〜400万円800万円〜数千万円以上
チャットアプリ150〜450万円300万円〜数千万円以上
予約管理アプリ100〜500万円400万円〜数千万円以上
業務システム150〜1,000万円500万円〜数千万円以上
CMS100〜400万円300万円〜数千万円以上
ECアプリ100〜700万円1000万円〜数千万円以上
HP・LP10〜100万円30万円〜数百万円以上

ただ前提としては開発したいアプリの種類によって開発費用は大きく異なります。

事前相談をしてみるといいでしょう!

インハウス/個人で開発を行う場合

スクロールできます
費用の種類ノーコード開発
初期費用社員の人件費
運用費用5000〜5万円/月

中小企業が自社のリソースを使ってインハウス(社内)でアプリ開発を行う場合、主な費用は社員の人件費となります。

この場合、外部の開発会社に依頼するよりもコストを抑えることが可能ですが、注意すべきポイントがいくつかあります。

社員の人件費が開発費用となる

社内に技術力のあるエンジニアがいれば、追加の採用コストなしで開発を進められるため、経済的です。

しかし、エンジニアが未経験者の場合、彼らの育成には相当の時間とコストが必要となります。

例えば、一人前のエンジニアを育てるには数年という長期間が必要であり、その間は開発速度が遅れることも予想されます。

開発に必要なリソースの捻出が困難なケースが多い

アプリ開発には、プログラミングだけでなく、要件定義、設計、テストなど多岐にわたる作業が含まれます。

これらを適切に管理し、必要なリソースを確保するためには、社内での十分な計画が必要です。

特に、小規模な企業では、日々の業務と開発作業のバランスを取ることが難しくなることがあります。

必要な開発期間も長い

社内での開発は、外部に依頼する場合に比べて時間がかかることが一般的です。

社内のエンジニアが他の業務と兼務している場合や、必要な技術習得に時間がかかるためです。

開発期間が長引くと、それだけ市場投入までのタイミングが遅れ、ビジネスチャンスを逃すリスクも高まります。

一方、ノーコードで受託開発を行うことで、「スクラッチ開発よりは開発コストを大幅に削減できる」というメリットを享受しつつ「開発スピードも速い」という良いとこ取りの開発が行えます。

次の段落では、具体的な開発費用の内訳と、インハウスまたは個人での開発時の留意点について詳しく解説します。

アプリ・システム開発費用の内訳

アプリやシステムを開発する際の具体的な費用内訳を理解することは、開発を検討する上で非常に重要です!

開発費用は大きく分けて以下の3つに分かれます。

  • エンジニアの人件費
  • デザイン費用
  • 保守運用費用

これらを適切に把握し、計画することで、コスト効率の良い開発が可能となります!

エンジニアの人件費

アプリ開発における最大のコストは、エンジニアの人件費です。エンジニアのスキルやキャリアによって人件費は大きく変動し、特に高度な専門技術を要するプロジェクトでは、これが開発費用を大きく左右します!

例えば、通常のエンジニアが一人当たり60,000円/日程度であるのに対し、高度なスキルを持つエンジニアはそれ以上のコストがかかることが一般的です。

ノーコード開発の場合、エンジニアの育成が早く、少数のエンジニアで開発が行えるための、人件費を抑えやすい傾向にあります。

デザイン費用

ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)のデザインも、開発費用の重要な部分です。

デザイン費用は、「ページ数」「デザイナーのスキル」「使用するデザイン素材」によって変わります。

デザインに関しても社内でデザイナーを抱えている会社とデザインは外注をする会社があります!

後者の場合はデザイン費用が高騰しやすいため、予算を抑えたい場合は社内にデザイナーをかけている開発会社を選ぶといいでしょう!

効果的なデザインはユーザーの満足度を高め、アプリの成功に直結するため、適切な投資が必要ですね!

保守運用費用

アプリが公開された後もサーバーの管理や軽微な改修などの保守運用は必須です!

保守運用費は、対応範囲やトラフィックの量によって変動しますが、ノーコードの場合、そのシンプルな構造から保守運用が容易で、コストを低く抑えることが可能です!

サーバー費

アプリのデータを保管し、管理するサーバーの構築も重要な費用要素です。

スクラッチ開発の場合はAWSなどを使い独自にサーバーを用意するケースが多いですが、ノーコード開発では、多くのプラットフォームがクラウドベースで提供されており、通常は10,000円以内で利用開始できます。

一方、自社でサーバーを構築する場合、設備投資や運用コストがそれ以上になることが多いです!

このように、アプリ開発の各フェーズで発生するコストを事前に理解し、計画することで、無駄な投資を避け、効率的な開発が実現可能です!

次の段落では、ノーコード開発で特に費用が増加する可能性のあるシナリオについて解説します。

アプリ・システム開発費用が増加するケース3選

開発を行う際、予想外に費用が増加することがあります。特に中小企業の経営者が注意すべきは、以下の三つのケースです!

  • 最初から機能をつけすぎる
  • 仕様設計の精度が低く改修が発生する
  • 開発会社とのコミュニケーション不足

これらを理解し、適切に対応することで、開発プロジェクトのコストを効率的に管理できるようにしましょう!

最初から機能をつけすぎる

新しいアプリ開発の初期段階で、多くの機能を盛り込みすぎることは避けるべきです。

初期に多機能を求めると、開発の複雑性が増し、それに伴いコストも上昇します。最初は必要最低限の機能に絞り、市場の反応を見てから段階的に機能を追加するという対応がおすすめです!

この方法なら、無駄な開発費用を抑えつつ、市場ニーズに基づいた機能拡張が可能です!

仕様設計の精度が低く改修が発生する

開発プロジェクトを始める際、仕様設計が不十分だと、開発途中で問題が発生しやすくなります。

また仕様が不明瞭だと、必要以上に改修が必要になり、それが直接的なコスト増加につながります。

したがって、開発前に詳細な仕様と要件を確定させることが非常に重要です!

開発会社とのコミュニケーション不足

ノーコード開発を受託する開発会社とのコミュニケーションが不十分だと、期待とは異なる結果になることがあります。

コミュニケーション不足が原因で、追加の開発要求や修正が発生し、結果的にコストが増大することになります。

プロジェクトの初期段階で開発会社としっかりとコミュニケーションを取り、期待する成果を明確に共有することが重要です!

以上の点に注意し、計画的に開発を進めることで、コストを抑えつつ、効果的なアプリやシステムを開発することが可能です!

次の段落では、信頼できるノーコード受託開発会社の選び方について詳しく説明します。

信頼できるノーコード受託開発会社の選び方

ノーコード開発を外部の受託会社に依頼する際には、信頼できるパートナーを選ぶことが非常に重要です。

適切な開発会社を選ぶことで、プロジェクトの成功確率が高まり、期待通りのアプリやシステムを効率良く開発することができます!

こちらでは信頼できるノーコード開発会社を選ぶための主要なポイントを解説します!

  • 得意な分野は何か
  • 開発に使用できるツールは何か
  • 担当者との相性は良いか
  • プロジェクト体制/サポート体制は十分か

得意な分野は何か

各開発会社には得意とする分野があります。例えば、ECサイトの開発に特化している会社もあれば、予約システムや業務管理システムを得意とする会社もあります。

自社が開発したいアプリケーションの種類に応じて、その分野で豊富な経験と実績がある開発会社を選ぶことが望ましいです。

開発実績は、会社のWebサイトに掲載されていることもありますが、直接問い合わせて詳細を聞いてみるのがいいでしょう!

開発に使用できるツールは何か

ノーコード開発では、使用するツールによって実現できる機能やデザインの幅が異なります。

たとえば、「Bubble」や「Adalo」などはアプリ開発に適しており、これらのツールを扱うことができる開発会社を選ぶと良いでしょう。自社のニーズに合ったツールを扱っているかどうかを確認することで、より効率的かつ効果的な開発が可能になります!

担当者との相性は良いか

プロジェクトの成功は、担当する人とのコミュニケーションもとても大切です!

担当者との相性が良ければ、プロジェクトの意図や要望がスムーズに伝わり、より良い製品が完成する可能性が高まります。

そのため、打ち合わせを行い相性を確かめるといいでしょう!

プロジェクト体制/サポート体制は十分か

最後のポイントは「プロジェクトに伴い必要な人員や稼働は確保できているか?」です。

またアプリは公開後も保守運用など開発会社にサポートを依頼することが多いです。

そのため開発後の保守運用などのサポートはできるか?などの体制も見ておくといいでしょう!

これらのポイントを考慮して開発会社を選ぶことにより、効果的かつ効率的にアプリやシステムを開発し、ビジネスの拡大を図ることができます!

適切なパートナー選びがプロジェクト成功の鍵となるため、一度問い合わせて話をしてみるなど行い、選定することが重要です!

以下の記事では、ノーコード開発会社のオススメをまとめています。

プロの目線から、「選ぶ時に注意するポイント」を紹介しつつ、「費用を抑えたい」「早く開発したい」「実績で選びたい」などそれぞれのニーズに従って開発会社を紹介しています。

ぜひ合わせてチェックしてみてください!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    お問い合わせ詳細

    お問い合わせでご入力頂いた個人情報のお取り扱いについて

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次