【開発会社が解説】なぜノーコード開発は安いの?従来の開発との違いと費用を比較!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

昨今のビジネスの世界では、迅速かつ低コストでアプリケーションやシステムを開発することが求められているかと思います。

そんな中、注目を集めているのが「ノーコード開発」です。

ノーコード開発の最大の特徴は、「開発費用の安さ」「開発スピード」です!

しかし、従来の開発方法(スクラッチ開発)と比べて、なぜノーコード開発は安いのでしょうか?

その理由は、開発プロセスと開発にかかる工数にあります!

中小企業や創業間もないベンチャー企業でも、アイデアを形にできるノーコード開発。

その魅力と、従来の開発方法との違いを探ってみましょう!

本記事でわかること
  1. ノーコード開発が低予算で行える理由
  2. 従来の開発方法(スクラッチ開発)との違い
  3. ノーコード開発のメリットとデメリット
  4. 目的別のおすすめのノーコードツール
  5. ノーコード開発の費用感
目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発の特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

ノーコードとは?

ノーコード開発とは何か?

ノーコード開発とは、コーディングを行わずにアプリケーションやシステムを開発する方法です。

視覚的なインターフェースを使って直感的に開発ができ、従来の開発方法と比べると、学習コストや開発工数が少ないため、低価格かつ短期間で開発できるのが大きな特徴です!

ノーコード開発の登場で、中小企業やベンチャー企業で「アプリやシステムは作りたいけど、何千万も予算を割くのはちょっと、、、」と思っていた方も、開発をぐっと身近に考えることが出来るようになりました!

しかし、安くて早いというメリットだけ聞くと「安いって本当?」「品質は大丈夫?」そんな疑問も湧いてきますよね。

もちろんノーコードの万能薬ではないです!

そのためここからは従来の開発との違いなどについてもお伝えをしていきたいと思います。

ノーコード開発は「なぜ安いのか?」

後述で、ノーコード開発と従来の開発(スクラッチ開発)の違いなどは説明しますが、先に結論からお伝えします!

ノーコード開発が安い理由は、「開発スピードの速さ」「メンテナンスとアップデートの容易さ」「インフラ構築のコストを削減できる」「エンジニアの育成コストの軽減」です!

開発スピードの速さ

ノーコード開発の魅力は、その驚異的な開発スピードにあります!

従来の方法では、企画から設計、コーディング、テストまで数ヶ月〜数年かかることも珍しくありません。

一方、ノーコード開発ではコーディングを行わずに開発が行えるため、わずか数週間〜数ヶ月でアプリやシステムの開発を行うことが可能です!

開発が早いということは、長期間人員を配置する必要が無いため人件費を大幅に削減することが可能です。

さらに、修正や機能追加も素早く行えるため、「作ってみたけど、やっぱりこう変えたい」という要望にも柔軟に対応できます。

そのためコストの大幅な削減が可能になります!

メンテナンスとアップデートの容易さ

ノーコード開発の魅力は、メンテナンスとアップデートの容易さにもあります。

従来の開発では、小さな変更でも大掛かりな対応が必要でしたが、ノーコードツールなら、非常に簡単に更新が行えます。

さらに、アプリやシステムは最初に開発したら終わりではなく、運用する中で新機能の追加が必要になることも多々です!

そういった「こんな機能があったら便利だな」と思った内容も柔軟に実装を行えます!

この柔軟性が、長期的なコスト削減につながります。常に最新の状態を保てるため、大規模な改修の必要性も減少。結果として、ノーコード開発は安い理由の一つとなっています!

インフラ構築のコストを削減できる

ノーコード開発の魅力は、インフラ構築のコストを大幅に削減できる点にもあります。

従来の開発では、サーバーの準備やデータベースの設定など、裏方の作業に多くの時間とお金がかかっていました。しかし、ノーコードツールはこれらをほぼ自動で行ってくれるんです。

基本的には、開発に必要なインフラを一から構築する必要がありません。

これにより、初期投資を大幅に抑えられるだけでなく、運用コストも削減できます。

このように、インフラ構築の手間とコストを省けることも特徴のひとつです!

エンジニアの育成コストの軽減

最後にエンジニア育成コストです!

最近ではエンジニア人材の不足により、エンジニアの人件費が非常に高騰しています、、、

そのため必然的に開発費が高額になりやすいです。

また従来のスクラッチ開発では、エンジニアと一口に言ってもフロントエンドエンジニア、インフラエンジニアなど様々に役割が分かれ、一人前になるには数年の期間がかかります。

しかしノーコードではコーディングの学習期間を省けるため、育成できる環境が整っていれば早ければ数ヶ月、少し時間がかかっても1年程度で開発が行えるようになります。

こういった育成コストが軽減できる点もノーコード開発が低予算で行える理由になっています!

ここからはよりノーコードの理解と従来の開発との違いを理解いただけるような内容をおつたえしていきます!

開発全体のフロー

ノーコード開発も従来の開発方法も開発である以上、全体の流れが大きく相違することはありません!

ノーコード開発と従来の開発の違いや「なぜノーコード開発が安いのか?」を理解するうえでも、全体像をみてみましょう!

開発の全体の流れは「要件定義」「仕様設計」「デザイン」「実装(開発)」「テスト」「公開後の保守/運用」の大きく6段階に分かれます!

要件定義

要件定義は、そのシステムやアプリを開発することで何を達成したいのか?というゴールをすり合わせるためのものです。

具体的には、このようなことを検討します!

  • 本開発で解決したい課題、達成したい目的は何か?
  • 利用するユーザーはどのような人達か?
  • 目的を達成するためには、どのような機能、画面が必要か?

こういった全体像を要件定義で決めて、続く仕様設計などでより開発の具体の内容について検討をすすめていきます!

仕様設計

仕様設計は要件定義で決めた概要をもう一段階掘り下げた内容を決めていきます!

例えば、必要な画面の数、それぞれの画面内に必要な機能や要素。

そしてそれを実装するためのデータベースを設計などを行います!

デザイン

次にデザインを作っていきます。デザインはイメージが付きやすいですね!

仕様設計では簡単なワイヤーなどを用いて画面の要素や機能を決めていきます。そのためこのデザインの段階で実際に使用するデザインにしていきます。

実装(構築)

デザインができたら次は実装です!

実装と聞くと少しわかりにくいかもしれませんが、機能やデザインを実際のシステムやアプリとして構築していく工程のことです!

ここではプロジェクトマネージャーを中心にエンジニアが作業を行っていきます!

テスト

実装が完了したら、実際に作ったものが、仕様設計で決めた内容と同じように動くかを確認していきます!

テストの時にエラーやデザインの間違いなどがないかを最終チェックをして、問題がなければ正式に納品や公開にすすんでいきます!

公開後の保守/運用

最後に公開後の保守/運用についてもお伝えします!

リリースまでを開発を考えるんのであればテスト後の公開で終わりですが、公開後も円滑に運営をしていくためには保守/運用も大切です!

企業によって対応範囲など違いはありますが、基本的にはサーバーの稼働状況の確認や万が一アプリやシステムが動かなくなってしまった際の改修などを行います。

こうして公開後もスムーズに運用ができるように管理をしていきます!

開発費用はどのように決まる?開発費のキーポイント

開発費用は人件費と期間で大きく決まる

開発費用を左右する最大の要因は、人件費と開発期間です。

従来の開発方法では、高度な技術を持つエンジニアの人件費が高く、また開発にかかる期間も長いです。

最近ではエンジニア不足より、エンジニアの人件費がより高騰しています。そのため必然的に開発費用も高額になりがちです、、、

一方、ノーコード開発では、育成する仕組みが出来ていれば少ない学習コストでノーコードエンジニアを育てることが可能です。これにより、人件費を大幅に抑えられるんです!

さらに、開発期間も短縮できるのがノーコード開発の魅力になります。従来の方法では数ヶ月かかる開発も、ノーコードなら数週間で完了することも。「え、そんなに早くできるの?」と驚かれるかもしれません。

しかし時間とコストの削減が、ノーコード開発が安い理由になります!

段階的に細かく機能を追加していくのがおすすめ

こちらはこれからアプリやシステムの開発を検討している方に向けた、開発全般に言えることですが、機能は段階的に追加していくアプローチがおすすめです!

このアプローチの利点は、初期投資を抑えつつ、ユーザーの反応を見ながら柔軟に開発を進められることです!「お客様の声を聞きながら、アプリを育てていく」イメージですね!

従来の開発では、仕様変更が高コストになりがちでした。でも、ノーコードなら、「あ、この機能いらないかも」と思ったら、削除や変更も行いやすいです。

段階的な開発は、リスクも軽減でき、小さな投資から始められるので、「失敗したらどうしよう…」という不安な方にもおすすめの進め方になります!

ノーコード開発のメリットとデメリット

ここまではノーコードの安さの理由や従来の開発との違いを説明してきました。

ここからは実際のノーコード開発を行うことでのメリットとデメリットをお伝えしていきます!

メリット①:低予算で開発ができる

ノーコード開発のメリットの1つ目は、ここまででもお伝えをしてきた開発費用の安さです!

そして安い理由の一つは、低予算で迅速に市場投入できることです。従来の開発方法では、開発にかかる時間が長く、より専門的なプログラミング知識を持つエンジニアが必要でしたが、そういったコストを大きく削減することができます!

これにより、低予算での開発が可能となります!

メリット②:開発スピードの速さ

さらに、ノーコードは開発スピードの速さも魅力です!

従来のスクラッチ開発では数ヶ月から数年とかかるような開発が、わずか数週間から数ヶ月で行えます!

また市場の反応を見ながら柔軟に修正が行うこともできます。

「こんな機能があったら便利だな」と思ったら、素早く追加することが出来るので、この迅速さと柔軟性も、ビジネスチャンスを逃さない武器になりますね!

メリット③:メンテナンスの行いやすさ

ノーコードで開発されたアプリは、一からサーバーなどのインフラ周りの構築を行わなくて済むので、メンテンナンスも行いやすいです!

そのため最初の開発費用のみならず、スクラッチやローコード開発に比べて保守が容易であり、運用に関わるコストも削減できます!

デメリット①:稀に柔軟性が足りないことがある

ノーコードツールは、基本的にはあらかじめ設定された機能やテンプレートを主に使用して開発を行います。

そのため、非常に特定化されたニーズや複雑な機能を持つアプリケーションを開発する場合、実装が難しいことがあります。

しかしノーコードの中にはBubbleやFlutter Flowなどの、コーディングも行えるツールもあり、またツールごとに特徴が異なるため、開発内容に適したツールを選定することで解消ができるケースも多いです!

デメリット②:プラットフォームに依存するリスク

ツールによっては、使用しているノーコードツールがサービスを終了すると、開発したアプリケーションが使用できなくなる可能性があります。

例えば、Bubbleのようにサービス終了時にソースコードを公開するものもありますが、心配な場合は事前に該当のツールがそのようなサポートを行っているか確認をしてみるといいでしょう!

ノーコードツール選びのポイント

それでは実際に開発を検討する際には、どのようにツールを選べばいいのでしょうか?

こちらではノーコードツールの選び方のポイントをお伝えします!

ツールの特徴が目的にあっているか

ノーコード開発ツールを選ぶ際、最も重要なのは目的に合っているかどうかです。

例えば、ECサイトを作りたいなら、商品管理や決済機能が充実したツールが理想的です。

従来のスクラッチ開発でも言語により、実装機能の得意/不得意があるように、ノーコードツールもツールにより特徴は様々です!

そのため開発をしたい内容に適したツールを選定しましょう!

とはいえなかなかどのツールが適しているかを自身で判断することが難しいこともあると思います。

そういったときは複数のツールが扱える開発会社に相談をしてみるのもいいでしょう!

将来的に欲しい機能も開発できるか

将来的に欲しい機能も開発できるかどうかは、ノーコードツール選びの重要なポイントです。

「今はこれで十分だけど、将来はこんな機能も追加したいな」と思うことはよくありますよね。

そんな時は、柔軟性の高いツールを選んでおくと安心です。例えば、APIとの連携やプラグインが豊富に用意されてるもの。またアップデートをコンスタントに行っているツールなら、将来的な機能拡張の幅が広がりそうですね!

サポート体制が整っているか

サポート体制が整っているかどうかも、ノーコードツール選びの重要なポイントです。

「困ったときにすぐ相談できる」という安心感は、開発をスムーズに進める上で欠かせません。

また、充実したドキュメントやチュートリアルビデオが用意されているツールは、自己解決の助けになります。

さらに、活発なユーザーコミュニティがあるツールを選べば、他のユーザーの経験から学ぶこともできます。

このように、サポート体制が整っているツールを選ぶことで、開発の効率が上がり、結果的にコスト削減にもつながります!

目的別!おすすめのノーコードツール

先ほど目的に適したツールを選ぶ重要性をお伝えしましたが、ここでは目的別におすすめのノーコードツールを紹介したいと思います!

アプリ開発におすすめなノーコードツール

Bubble:機能の豊富さとデザインの柔軟性の高さが特徴

アプリ開発におすすめのツールとして、まず紹介したいのはBubbleです!

Bubbleはすでに全世界で330万人以上のユーザーが居るノーコードツールで、非常に豊富な機能、拡張性、柔軟性が特徴です!※2024年7月時点

出来ることが多い分、他のツールと比較すると少し専門性は高いですが、「こんなこともノーコードでできるの!?」と驚くほどに様々なアプリの開発が行えます!

長期的にノーコードで開発したアプリで運用をしていきたいという方は、まず検討をしてみることをおすすめするツールです!

Adalo:直感的な操作とスマホアプリ特化の開発ツール

続いてのアプリ開発におすすめなツールはAdaloです!

Adaloは非常に直感的に操作が出来る点が特徴で、特にスマホでの利用を前提としてアプリの開発に向いています!

少し柔軟性にかける点はありますが、テンプレートが豊富に用意されているため非デザイナーの方でも比較的容易にきれいなデザインを構築できます!

システム開発におすすめなノーコードツール

kintone:業務システム特化のノーコード/ローコードツール

kintoneはサイボウズ株式会社様が運営する国内のノーコードツールです!

業務システムの開発に特化しており、簡単な業務システムであれば用意されているテンプレートを用いて簡単に構築ができます!

カスタマイズを行うとなるとコーディングが必要なため、ローコード要素も多いツールにはなりますが、それでも一からエンジニアにコーディングを行ってもらうよりはかなり効率的に開発が行えると思います!

そのため、少数ながらエンジニアが社内にいる企業や本当に簡易的なアナログ業務をDX化したいという時にはマッチしていそうですね!

Bubble:高いカスタマイズ性で自由度高いシステム構築が可能

アプリの開発でもおすすめをしたBubbleですが、カスタマイズ性の高さが特徴なためシステムの開発も行えます!

開発の自由度が高いので、自社独自の業務フローや仕組みに対応したシステムの開発も行えるでしょう!

エンジニアが社内におらず、でもカスタマイズ性の高い開発がしたい!という場合にはBubbleがマッチしていると思います!

HPやLPの開発におすすめなノーコードツール

STUDIO

STUDIOや高いデザイン性とカスタマイズ性をもつWebサイトやLPの制作に特化したノーコードツールです!

STUDIOはエンジニアでなくても簡単にサイトを作ることができ、また非常に柔軟にデザインが作れる点が特徴です!

最近はアップデートによりアニメーションなども入れられるようになっているため、とてもクオリティの高いサイトの構築もできるようになっています!

Webflow

WebflowはSTUDIOに比べると少し開発難易度が高いです!そのためエンジニアの方での対応や外注の際に検討すると良いツールです!

開発難易度が少し高い分、出来ることもとても多いです!

そのためかなりこだわったサイトなどを作りたいときは、マッチすると思います!

ノーコード開発の具体的な費用例

開発費用は作りたいアプリや機能など仕様によって大きく変わります!

そのため、一番確実な方法は開発会社に直接相談をしてみることですが、相場もわからない中だと少しハードルを感じるかもしれません、、、

そのためこちらにて各アプリの費用相場を掲載します!企業様によっても変動はありますが、参考までにご覧ください!

従来のスクラッチ開発との比較も含め掲載します!

スクロールできます
アプリの種類ノーコード開発フルスクラッチ開発
マッチングアプリ150〜550万円500万円〜数千万円以上
SNSアプリ200〜500万円500万円〜数千万円以上
eラーニング・学習アプリ100〜400万円800万円〜数千万円以上
チャットアプリ150〜450万円300万円〜数千万円以上
予約管理アプリ100〜500万円400万円〜数千万円以上
業務システム150〜1,000万円500万円〜数千万円以上
CMS100〜400万円300万円〜数千万円以上
ECアプリ100〜700万円1000万円〜数千万円以上
HP・LP10〜100万円30万円〜数百万円以上

安さ以外の重要なポイントは?ノーコード開発会社の選び方!

最後にどのように開発を依頼する開発会社を選定すればいいかについてお伝えします!

会社選びの際は安さももちろん大切ですが、「安物買いの銭失い」担ってしまっては元も子もありません、、、

そのため、開発を成功させるための会社選びのポイントを解説していきます!

得意な分野と開発したいアプリが合っているか

ノーコード開発会社を選ぶ際、その会社が得意とする分野を知ることが重要です。

例えば、料理のプロが作るカレーと素人が作るカレーでは、味に大きな差が出るように、ノーコード開発でも専門性が結果を左右します。

ECサイト構築に強い会社、業務システム開発に長けた会社など、それぞれ得意分野が異なります。自社のプロジェクトに最適な専門性を持つ会社を選ぶことで、より効率的で質の高い開発が可能になるでしょう!


適切な専門性を持つ会社を選ぶことで、ノーコード開発の「安さ」というメリットを最大限に活かしつつ、高品質なプロダクトを生み出すことができます!

対応しているノーコードツールはなにか

ノーコード開発会社を選ぶ際、使用できるツールの種類も重要なポイントです。

例えばアプリ開発の際の人気のツールには、Bubble、Adalo、Glideなどがありますが、それぞれ特徴が異なります。Bubbleは比較的大規模な開発にも対応ができレスポンシブ設定が行えますが、Adaloは小規模のモバイルアプリ開発に適しています。

「このツールが使えるから、こんな機能も追加できますよ」と提案できる会社は、柔軟な開発が可能です。

また、複数のツールを使用できる会社なら、より複雑な要求にも対応できるでしょう。

ツールの選択肢が豊富な会社を選ぶことで、ノーコード開発の「安さ」を維持しつつ、高度な機能実装も可能になります!

納品後の運用・保守に対応しているか

納品後の運用・保守やサポート体制も、ノーコード開発会社選びの重要なポイントです。

例えば、新車を購入した後のアフターサービスが充実しているディーラーを選ぶように、開発後のサポートが充実している会社を選ぶことが大切です。

運用面では、ユーザーからのフィードバックに基づいた迅速な機能改善や、セキュリティの管理、アップデートなどが重要です。また、システムの安定稼働を維持するための定期的なメンテナンスも欠かせません。

さらに、緊急時のサポート体制も確認しましょう。例えば、急にシステムダウンが発生した場合、迅速に対応してくれる会社なら安心です。

充実したサポート体制を持つ会社を選ぶことで、公開後も安心して運用を行うことができます!

担当者との相性は良いか

担当者との相性は、ノーコード開発の成功を左右する重要な要素です。開発者とクライアントの良好なコミュニケーションが、満足度の高い結果につながります。

「この担当者なら、私の想いを形にしてくれそう」と感じられる人選が理想的です。

特に、ノーコード開発では迅速な対応が求められるため、レスポンスの速さや柔軟性も重要なポイントになります。

また、技術的な説明をわかりやすく伝えられる能力も大切です。「ノーコードって何?」という疑問に丁寧に答えてくれる担当者なら、プロジェクトの進行もスムーズでしょう。

相性の良い担当者と組むことで、ノーコード開発の「安さ」というメリットを最大限に活かしつつ、理想のプロダクトを生み出せます!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次