ノーコードで作る飲食店アプリ!作れるアプリのタイプやメリット・デメリットを解説

こんにちは!EPICs合同会社です!

本記事ではノーコードツールで飲食店アプリが作れるのか?という問いへの回答と、飲食店アプリを作る際のおすすめツールやメリット/デメリットについて解説をしていきます!

本記事の流れはこちらです!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次

日本最大級のノーコード開発実績!
 \ 最安30万円・最短2週間でアプリ・システム開発 /

 無料で相談する →

ノーコードで飲食店・レストランのアプリ作成は可能?

飲食業界において、アプリの開発は顧客の便利さを向上させるだけでなく、店舗の業務効率を改善する重要な手段となっています。しかし、アプリ開発は高いコストや長い開発期間、専門的な技術知識が必要というハードルがありました。そこで近年、注目を集めているのが「ノーコード」開発です!

この方法は、コーディングをせずアプリを作成できる手法で、正しく活用することでとても有益な選択肢となります!

では、ノーコード開発で実際に飲食店アプリを作ることは可能なのでしょうか?

答えは「はい」です。

ノーコードツールを使用することで、飲食店専用の予約システム、テイクアウト注文アプリ、顧客管理システムなど、多様な機能を持ったアプリを比較的低いコストと短い期間で開発することが可能になります!

ノーコードでの開発は、従来の開発方法に比べて圧倒的に速く、コストも抑えられるため、資金や時間の限られたレストラン・飲食店の経営者、オーナー様でも検討がしやすい開発手法になるでしょう!

さらに、ノーコード開発では、アプリの機能追加や更新も容易になります。従来の開発方法では、新しい機能の追加やバグの修正には追加の開発費用も時間もかかりますが、ノーコードツールを使えば、これらの作業をより迅速かつ低コストで実行することが可能です。そうすることで、アプリを通じて顧客との関係を強化し、サービスの質を向上させることができます。

このように、ノーコード開発は飲食店アプリの作成を容易にし、中小企業の経営者が直面する多くの課題を解決する手段となり得ます!

ノーコードで飲食店・レストランのアプリを作るメリット

ノーコード開発が飲食業界に革命をもたらす理由は、その多くのメリットにあります。

多くの飲食店の経営者、オーナー様がが直面する費用、時間、リソースの制約を考えると、ノーコード開発は特に魅力的な選択肢です。以下では、ノーコードで飲食店アプリを作る主なメリットについて解説します。

ノーコードで飲食店・レストランのアプリを作るメリット

➊費用が圧倒的に安い

❷開発期間が短い

❸リソースを最適化できる

費用が圧倒的に安い

従来のアプリ開発では、エンジニアの人件費が高騰しているため、開発費用が上がりやすいです。また開発のみならずその後の運用の面でも、エンジニアやデザイナーなどの専門家を雇う必要があり、その結果として高額な開発、維持費用がかかります。

しかしノーコード開発では、コーディングが不要なため、必要なエンジニアの数を減らすことができ、また開発期間が短いためエンジニアの稼働工数も抑えることができるため、大幅に開発費用を削減することが可能です。

例えば、簡易的なテイクアウト注文アプリを作成する場合、従来の方法では数百万円~数千万の開発となるところを、ノーコードツールを使用すれば1/5~1/10程度の開発費用で開発できることもあります。

開発期間が短い

ノーコードツールを使用すると、開発期間も大幅に短縮されます。

スクラッチの工程を削減できるため、数ヶ月~数年かかる開発が数週間から数か月で完了することが珍しくありません。

これにより、市場の変化に迅速に対応することが可能になり、競合他社に先んじるチャンスを掴むことができます。

リソースを最適化できる

ノーコード開発を利用することで、飲食店経営者はアプリ開発にかかる時間と労力を節約し、そのリソースを他の重要な業務やサービスの改善に充てることができます。

例えば、アプリ開発に多くの時間を割く代わりに、顧客サービスの向上やメニューの開発、マーケティング戦略の策定など、ビジネス成長のための他の領域に集中することが可能です。

これらのメリットは、特に資金や時間、技術的なリソースが限られている飲食店様にとって、大きな利点となります!

ノーコード開発を活用することで、飲食店がテクノロジーを利用してサービスを向上させるための手軽で有効な方法になりえるでしょう!

次の段落では、ノーコード開発におけるデメリットについても触れてみましょう。

ノーコードで飲食店・レストランのアプリを作るデメリット

ノーコード開発には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。これらのデメリットを理解することは、飲食店経営者がノーコード開発を活用する際に、適切な期待を持ち、計画を立てるのに役立ちます。

ノーコードで飲食店・レストランのアプリを作るデメリット

❶セキュリティ対策がプラットフォームに依存する

❷複雑すぎるアルゴリズムのアプリは作れない可能性がある

セキュリティ対策がプラットフォームに依存する

ノーコードプラットフォームの多くはクラウドベースで運営されており、開発したアプリのデータはプラットフォームが管理するサーバー上に保存されます。そのため、セキュリティ対策がプラットフォームのポリシーに大きく依存することになります。

近年、クラウドサービスを利用した際のデータ漏洩事故が報告されているため、ノーコードで開発する際は、選択するプラットフォームのセキュリティ対策と信頼性を十分に検討する必要があります。

複雑すぎるアルゴリズムのアプリは作れない可能性がある

ノーコードツールは、その使用の容易さから多くの基本的な機能をカバーしていますが、特定の複雑なアルゴリズムや高度なカスタマイズが必要なアプリケーションの開発には不向きな場合があります。

例えば、Bubbleのようなツールでは、HTML/CSSやJavaScriptはサポートしていますが、それ以外のプログラミング言語を実行することはできません。そのため、複雑なビジネスロジックや特定の技術要件を満たすアプリを作成することが困難になる可能性があります。

次の段落では、ノーコードで作成できる飲食店アプリのパターンについて具体的に見ていきましょう。

通常の1/10の低予算・数週間でアプリ/システムを開発

①ノーコード特化の豊富な開発実績
ノーコード開発に特化しマッチングアプリやSNSアプリなど様々な開発実績がございます!
豊富な経験をもとに開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

ノーコードで作成できる飲食店アプリのパターン

ノーコード開発ツールを活用することで、飲食店経営者は様々な種類のアプリを容易に作成することができます。これらのアプリは顧客の利便性を高めるだけでなく、店舗運営の効率化にも大きく貢献します。

以下に、ノーコードで作成可能な飲食店アプリのパターンをいくつか紹介します!

パターン①: クーポン発行アプリ

クーポン発行アプリは、顧客が店舗を訪れる動機を提供し、リピート率を高める効果があります。

ノーコードツールを使用することで、特定の期間や条件に基づいて自動的にクーポンを発行する機能や、顧客がアプリ内でクーポンを簡単に表示・使用できるインターフェースを備えたアプリを短時間で開発できます。

パターン②: テイクアウトで事前に注文できるモバイルオーダー

モバイルオーダーアプリは、特に現代の忙しい生活様式に適応したサービスです。

顧客は外出先から事前に注文を行い、店舗に到着した時には製品が準備されているため、待ち時間を削減できます。ノーコード開発により、飲食店はこのような顧客中心のサービスを提供するアプリを容易にリリースできます。

パターン③: 飲食店予約アプリ

予約システムは、飲食店にとって重要な管理ツール。ノーコード開発を用いることで、顧客がリアルタイムで空席情報を確認し、簡単にテーブルを予約できるアプリを構築できます。

飲食店予約アプリのメリットは、顧客満足度の向上と共に、店舗側の席の管理効率も大幅に改善されること。

上記のアプリパターンは、一例ですが他にもノーコードでは多くの飲食店向けのアプリの開発が可能です!

ノーコード開発はとても柔軟性にも優れているので、飲食店経営者が顧客のニーズに応じて、または店舗運営の課題を解決するために、特定の機能やサービスをアプリに組み込むことができます!

ノーコードツールの選択にあたっては、作成したいアプリの種類や必要とする機能を考慮し、適切なプラットフォームを選ぶことが重要です。

次に、飲食店アプリに適した・適さないツールについて、具体的な例を挙げて詳しく見ていきましょう!

飲食店アプリに適した・適さないツールは?

ノーコード開発におけるツールの選択は、アプリの成功に大きく影響します。飲食店アプリを作成するにあたり、どのツールを使用するかは、そのアプリが提供するサービスの質と効率性を左右するため、非常に重要な決定です。

ここでは、飲食店アプリに適したツールと、あまり適していないツールについて考察します!

最も適しているのはBubble

Bubbleは、豊富な機能と柔軟性を提供するノーコードプラットフォームの一つです。ユーザーが直感的に理解しやすいUI(ユーザーインターフェース)を備え、HTML/CSSやJavaScriptなどの基本的な技術を用いて、高度なカスタマイズが可能です。

また、多種多様なプラグインが利用できるため、飲食店アプリに必要な予約システム、オンライン注文、顧客管理などの機能を容易に組み込むことができます。Bubbleはその耐久性と拡張性の高さから、飲食店アプリ開発におけるトップクラスの選択肢と言えるでしょう!

次に適しているのはAdalo

Adaloは、特にスマートフォンアプリの開発に特化したノーコードプラットフォームです。Bubbleに比べると機能は少し限定されますが、美しいデザインのアプリを比較的簡単に作成できる点が魅力です。

また、低コストで開発を始めることができるため、予算が限られている飲食店にとって適切な選択肢となり得ます。簡単なテイクアウト注文システムや予約システムを持つアプリの開発には、Adaloが有効です。

使い方に注意が必要なのはGlide

Glideは、スプレッドシートをデータソースとして使用し、迅速にアプリを作成できるツールです。操作の簡単さと迅速な開発プロセスは魅力的ですが、機能の豊富さという点ではBubbleやAdaloに劣ります。特に、アプリをGoogle PlayやApple App Storeに公開することが直接はできないため、広範囲にわたるユーザーにアプリを提供したい場合は制限があることを考慮する必要があります。

しかし、初期段階でのMVP(最小限の機能を持つ製品)を素早く市場に投入したい場合や、内部用途でシンプルなアプリを必要とする際には、Glideが適していることもあります。

ノーコードツールの選択は、開発したいアプリの目的、必要な機能、予算などによって異なります。飲食店経営者は、自店に最適なツールを選ぶことで、顧客とのエンゲージメントを高め、運営の効率化を実現することができるでしょう!

ノーコードで開発した飲食店アプリの成功事例

ノーコード開発は、その手軽さとコストパフォーマンスの高さから、多くの飲食店にとって魅力的な選択肢となっています!

ここでは、ノーコードで開発され、成功を収めた飲食店アプリの事例をいくつか紹介します。
ノーコード開発をどのように利用できるかの参考にしてみてください!

成功事例①: ショップアプリ

【開発事例/Adalo】飲食店のオウンドアプリ『ショップアプリ』 | ノーコードゼミ-Bubble,Adalo特化の開発ブログ (epic-s.co.jp)

ショップアプリは、弊社にて開発をした飲食店アプリの事例です!
顧客に対してクーポンやスタンプカード、店舗情報を簡単に提供することができるプラットフォームとなっています!

このアプリを通じて、顧客は店舗の最新情報を手に入れることができるだけでなく、注文履歴を基にしたパーソナライズされたオファーを受け取ることが可能です。アプリはBubbleを利用して開発しており、開発費用と期間を大幅に削減しつつ、顧客エンゲージメントとリピート率の向上を実現できました!

成功事例②: raiten

参考:店舗アプリ【公式】 |自社アプリでビジネス課題を解決 (tenpoapp.com)

raitenは、飲食店が自由にカスタマイズできるモバイルオーダーシステムです。

このシステムは、顧客がスマートフォンから直接注文できる機能を提供し、店舗側は注文の管理や顧客データの分析を簡単に行うことができます。raitenはノーコードツールを用いて開発され、迅速な市場投入と低開発コストを実現しながら、注文プロセスの効率化と顧客満足度の向上を達成しました。

成功事例③: SmartDish

参考:【飲食店】 – モバイルオーダーを始める方はこちら (smartdish.jp)

SmartDishは、ランチタイムの混雑を避けるためにモバイルオーダーを利用するサービスです。顧客はアプリを通じて事前に注文を行い、店舗到着時にはすぐに食事を受け取ることができます。このサービスはノーコード開発ツールを使用して開発され、飲食店がランチタイムの顧客サービスを効率化し、待ち時間を削減することに成功しました。

これらの事例からわかるように、ノーコード開発は飲食店が効率的かつ効果的にアプリを市場に投入するための強力なツールとなり得ます。

低コストで迅速な開発が可能なノーコードプラットフォームを活用することで、デジタル化の波に乗り、競争力を高めやすくなりますね!

アプリ・Webサービスの開発相談はこちら

EPICs合同会社ではAdalo、Bubble、Flutter Flow、STUDIO、Glideなど様々なノーコードツールを活用しています。

ノーコード開発を行うことで、皆様のアイデアをより簡単に迅速に形にすることができるかと思います!

また弊社はスタートアップ、中小企業、新規事業でのアプリ開発に強みを持っており、アイデアベースから伴走をしていくことも可能です。

アプリやWebサービスの開発をご検討の方はぜひお気軽にこちらからご相談ください。

日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次