Bubbleでトップへ戻るボタンを作る方法!Scroll toで簡単実装

ノーコードツール「Bubble」で、トップへ戻る(スクロールトップ)ボタンを実装する方法をご紹介。

トップへ戻るボタンとは、長いウェブページの最上部に迅速に移動するためのもので、クリックすると、スルスルスルーっとページ先頭までスクロールされるアレです。

BubbleではElement actionsの「Scroll to」と、「Current page scrolling position」を使って3つのWorkflowを組むことで実現できます!

Webサイトやブログでよく見かけるトップへ戻るボタンをBubbleで実装してみたい方はぜひ参考にしてくださいませ。

動画解説バージョンはこちら!

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。

目次
日本最大級のノーコード開発実績!

①日本最大級の開発実績
②最安30万円。通常の1/10~の低コスト開発
③最短2週間。圧倒的な開発スピード
④高難易度の開発もスムーズ
⑤複数のノーコードツールに対応

EPICsは上記5つの強みを武器に受託開発を行っています。
まずはご相談ください。

実装イメージ

ブログには必ずと言っていいほどページ右端下に設置されてるアレです。

初期状態では非表示にしておき、指定のスクロール量を超えたらぬるっとフェードイン、逆に上の方に戻ったらぬるっとフェードアウトするスクロールトップボタンを作ります。

ワークフローは全部で3つになります。

実装手順

Bubbleではスクロールトップボタンは以下の手順で実装します。

  1. FloatingGroupでトップへ戻るボタンを設置する
  2. FloatingGroupをクリックしたときのWorkflowを設定する
  3. スクロール量に応じてFloatingGroupの表示非表示を切り替えるWorkflowを設定する

FloatingGroupでトップへ戻るボタンを設置する

上記の構造でトップへ戻るボタンを作成します。FloatingGroupのプロパティ内容は以下です。

  • [ Vertically float relative to ]Bottomにすることで下に固定する
  • [ Horizontally float relative to ]Rightにすることで右に固定する
  • [ layout ]矢印アイコンを上下中央揃えにしたいので、Align to parentにする
  • 初期状態では非表示にしておきたいので、This element is visible on page loadのチェックを外す
  • ボタンをまん丸くしたいので、width40px、height40pxに固定し、Borderをsolidでroundnessは9999にする。背景色は白にする
  • MarginのBottomとRightで固定位置を調整する(添付画像ではBottom40pxにしてますが、Rightと同じ16pxが推奨です)

次に、FloatingGroupの中にIconエレメントで矢印アイコンを置きます。親要素のFloatingGroupにAlign to parent設定してるので表示位置はど真ん中を選択すればいい感じに設置できるかと思います。

widthとheightはサンプルでは20pxにしていますがお好みでよしなに調整してください。これでデザインは完了です。

FloatingGroupをクリックしたときのWorkflowを設定する

次に、FloatingGroupをクリックしたときにページ最上部へ戻るアクションをWorkflowで設定します。これは超カンタン。

ワークフローのStep1で、Element Actionsの「Scroll to」を選択します。その後、Elementで現在のスクリーン名を設定すればOK。腰を抜かすほど容易でしたな。Bubbleえぐい。

スクロール量に応じてFloatingGroupの表示非表示を切り替えるWorkflowを設定する

チェックメイト。最後に、以下を実装して完成です!

  • スクロール量が〇〇〇px以下のときにFloatingGroupを非表示にする
  • スクロール量が〇〇〇px以上のときにFloatingGroupを表示する

これもそこまで難しくないのでちゃちゃっとワークフロー設定しましょう。

まずは、Do when condition is trueを選択します。

次にDo when condition is trueにスクロール量の条件を以下のように設定します。

  • [ Run this ]Every time
  • [ Only when ]Current page scrolling position < 160(スクロール量が160px以下のとき)

次に、Element Actionsの中のAnimateを選択し、FloatingGroup(トップへ戻るボタン)をフェードアウトさせる(Transition FadeOut)ワークフローを設定します。

これでスクロール量が160px以下のときにトップへ戻るボタンが非表示になりました。最後に、逆パターン、スクロール量が160px以上のときの設定もしましょう。

と言ってもほとんど同じなのでざっくりで失礼しますね。こうなっていれば正解です。

  • [ Run this ]Every time
  • [ Only when ]Current page scrolling position > 160(スクロール量が160px以上のとき)
  • [ Animation ]Transition FadeIn
日本最大級のノーコード開発実績!ノーコードなら迷わずEPICs

EPICsはノーコードでの開発に特化をしたプロの開発組織です。

従来のスクラッチでの開発でよく発生する「費用が高い」 「開発期間が長い」 「知識がなく開発に踏み切れない」という課題に対し、ノーコードでの開発という選択肢で皆様の開発を支援します!

そんな弊社に開発相談をいただくメリットは大きく4つあります!

①豊富な開発実績
創業よりノーコード開発を軸に多様な開発を行ってまいりました。SNSやマッチングアプリ、ECアプリなど多様な開発実績がございます。
豊富な経験をもとに、ただ開発を行うにとどまらず、より良い開発を行うためのアドレスや公開後のご不安やご相談にも対応させていただきます!

②最安30万円!通常の1/10~1/5ほどの低コストで開発
コーディングの工程を削減できるノーコードは、最適かつ最小限の人員で対応が可能です。また弊社では豊富な開発実績があるため、経験を活かした開発を行うことで開発費用を大幅に削減することができます。

③最短2週間!圧倒的な短期間で納品
ノーコード開発では複雑なコードを1から書く必要がないため開発工程を省略することができ、開発期間の大幅な短縮が可能です。

④公開後の保守や運用の徹底サポート
アプリは開発後の運用もとても重要です。EPICsでは開発のみならずその後のサポートも対応可能です!
またノーコードで開発したアプリは、スクラッチで開発したアプリに比べて保守や運用にかかる費用を削減することも可能です!

「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
目次