ノーコードツールbubbleでの開発がおすすめなアプリの特徴5選

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs合同会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

この記事でわかること

  • Bubbleで出来ることと出来ないこと
  • Bubbleでの開発が向いているアプリの特徴

開発はしたいけど、

「何で開発したらいいかわからない」
「Bubbleというツールは知っているけど一体何ができるの?」

そんな疑問を持ったことはありませんか?

ノーコードツールおよびBubbleは非常に優秀なツールですが、何でもできるわけではありません!
そのためこの記事でBubbleについての理解を深め、今後の開発などに活かしていただければと思います!

動画解説バージョンはこちら!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

Bubbleで出来ること5選

PWA、ネイティブアプリの開発

Bubbleで開発したアプリはPWA、またネイティブアプリとしての公開が可能です。

まずはPWA、ネイティブアプリが何かをお伝えします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
PWAとは、Progressive Web Appsの略称で、モバイルブラウザとネイティブアプリ(アプリストアからダウンロードして使用するアプリ)の利点を融合したWebアプリ(アプリのように振る舞う高速なWebサイト)のことを指します。
https://www.irep.co.jp/knowledge/glossary/detail/id=10227/より引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

簡単に言うとブラウザ上で利用ができるアプリのことです。

最初からネイティブ化をするとなると登録費用などもかかるため、少しハードルが高く感じる方もいるかと思いますが、PWA形式での公開もできるため、より予算をおさえたスモールスタートでのアプリ公開が可能です!

次にネイティブアプリの紹介です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネイティブアプリとは、スマートフォンやタブレットにGoogle PlayやAppleのApp Storeのようなアプリケーションストア経由でインストールして使用するアプリのことを指します。
https://www.elite-network.co.jp/dictionary/nativeapplication.htmlより引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BubbleはWebアプリのイメージが強いためネイティブ化ができることを知らない方も多いですが、実はネイティブアプリを開発することも可能です!

デザイン性の高いアプリ開発

一般的にノーコードツールは要素の配置などの制約が多く、制約を配慮したデザインを行わなければいけないケースも少なくありません。

しかしBubbleは非常に自由度が高く要素の配置等が行えます。

またカラーコードやボタンなどの形なども作りこみが行いやすいため、比較的デザイン性に富んだ自由度の高いデザインが可能です。

レスポンシブデザインの対応

まず最初にレスポンシブについてお伝えさせていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レスポンシブデザインとは、Webサイトのデザインを「閲覧ユーザーが使用するデバイスの画面サイズに応じて表示を最適化するデザイン」を指します。
https://gmotech.jp/semlabo/seo/blog/responsive_design/より引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bubbleでは、レスポンシブデザインの対応ができるため、PC、スマホ、タブレットなど様々なデバイスで利用できるアプリが開発できます。

短期間、低価格の開発

こちらはBubbleをはじめとしたノーコードツールの特徴とも言えますが、
Bubbleでは開発期間の圧縮、また低価格での開発が可能です!

コードでアプリを開発するとなると様々な言語が必要になり、また多くのエンジニアを動員する必要があります。

しかしBubbleであればエンジニアを動員数を減らし、短期間での開発ができるためコスト、開発期間の双方を抑えることが出来ます。
そのため、新規事業のMVPの開発やスタートアップ、中小企業様の開発には非常にマッチしています!

外部サービスとの連携

Bubbleの大きな特徴の一つとしてAPI連携やプラグイン(拡張機能)が豊富という特徴があります。
これによって外部のサービスとの連携が行え、多くの機能が実装できます

外部連携の具体例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・GoogleアカウントやSNSログイン
・公式LINEにアプリ経由でメッセージの送信
・Google mapやカレンダーとの連携
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bubbleで出来ないこと5選

表示速度に優れたアプリの開発ができない

Bubbleで開発したアプリはすこし表示速度が遅いです。


致命的に遅いことはないですが、アニメーションを含めたものやLPの作成などは他のツールで行った方がいいかと思います!

・SEOが重視されるアプリの開発

BubbleはSEOはあまり強くないと言われています。
そのためSEO対策をするのであれば、下記のような対策を取るといいでしょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
・SEOの強いLPにアプリに入るためのリンクを張る
・リスティング広告をうつ
ーーーーーーーーーーーーーーー

ただSEO対策が出来ないわけではないので、対策と合わせて覚えておくと良いでしょう!

ゲームの開発

Bubbleではゲームの開発は出来ません!そのためゲームを開発したい場合は「Buildbox」などを使うといいでしょう!

大規模なシステムの開発

Bubbleは非常に優れたツールですが、フルスクラッチの開発に比べると大規模な開発は行いにくいケースがあります。

大規模の定義は難しいですが、要件が複雑で10万と超えるユーザーが利用するサービスなどはスクラッチで開発をすることをおすすめします。

対策としてはBubbleは低コストで開発ができ、プロトタイプやMVPはもちろん中規模開発には向いているツールなので、Bubbleで開発したものをユーザーが増加したらスクラッチで開発したアプリに移行していくのもいいと思います!

複雑なアルゴリズムの開発

BubbleではHTML/CSS,JavaScript以外のプログラミング言語を実行することはできません。

そのため複雑なアルゴリズムの設定や難しい要件に対応するアプリの開発は行えない可能性があるので注意しましょう!

無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsの会社概要・特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

Bubbleに向いている開発の特徴

MVPの開発

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MVP(Minimum Viable Product)とは、ユーザーに必要最小限の価値を提供できるプロダクトのこと。

一般的には、目的を達成できる最低限の状態の製品やサービスをユーザーに提供し、得られたフィードバックを参考に新機能の追加や改善を繰り返すMVP開発で活用されます。
https://monstar-lab.com/dx/about/about-mvpより引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Bubbleは短期間で開発ができるため、アプリ開発段階での機能の検証やスピード感をもとめられる改善には非常に向いています。

また最初から大きな予算をかけて開発が出来ないケースもあると思うので、そういった場合にまずはBubbleで開発を進めるのもいいでしょう。

小規模~中規模の開発

大規模な開発や複雑なアルゴリズムへの対応は難しいですが、

小規模から中規模のアプリであれば十分Bubbleで対応できるケースも多いです。

またBubbleはアプリを保有するコストも低いので、社内にエンジニアがおらずアプリを維持できるかを心配している企業様でも開発に踏み切りやすいツールだと言えます

早急な公開や予算をおさえた開発

Bubbleをはじめとしたノーコードツールの一番の特徴はやはり短期間、低予算で開発ができる点でしょう!

開発に時間がかかってしまうと人件費がかさみ予算が上がってしまったり、イメージ通りに事業を進められないということもあるかと思います。

その点Bubbleでの開発はデザイン性にも富んだ高性能なアプリを価格を抑えて早急に公開することができます!そのためスピード感を求められるスタートアップなどにも適しているかと思います!

最後に

BubbleはPWAからネイティブ化まで、幅広いアプリに答えることができます!

また機能も数あるノーコードツールの中でも非常に豊富なため、注意点さえ気を付ければ希望のアプリを開発する非常に有益な選択肢の一つになるでしょう!

EPICs合同会社では多くの実績をもとにしたアプリ開発のご相談から実際の開発まで、開発にまつわる課題解決を支援しています!
アプリ開発でお困りの方は気軽にご相談ください!(EPICs合同会社-開発事業ページ)

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次