【Bubble】パスワードの表示/非表示設定の実装方法

著者:大熊滉希
ノーコード特化のアプリ/システム開発事業を展開するEPICsの代表。
前職にて新規事業コンサルティングを行う企業で役員を歴任した後、
最小の経営資源で開発を行えるノーコードに可能性を感じEPICsを創業。

運営会社:EPICs株式会社
日本最大級の開発実績を誇るノーコード特化のアプリ/システム開発会社。
最安30万円・最短2週間から、BubbleやAdaloなど多様なツールの中からニーズに合わせた最適な開発を提案・実施している。Adalo公認エキスパートも在籍。

みなさんこんにちは!EPICs合同会社の大熊です!

今回は新規登録などの時パスワードを入力するケースが多いと思いますが、その際にパスワードを表示させたり非表示にさせたりと切り替えが出来る方法をお伝えしていきます!

動画解説バージョンはこちら!

目次
無料で資料をダウンロード

日本最大級のノーコード開発実績

ノーコード開発サービスのご案内

  • EPICsのノーコード受託開発の特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ
【一分で完了】資料をダウンロード

実装イメージ

通常時はパスワードが非表示になっている

目のアイコンを押すとパスワードが表示される

今回はこのようなパスワードの表示/非表示設定の実装を解説していきます!

準備が必要なもの

・Reveal & Hide Password(Plugin)

実装方法の解説

①パスワードのinputの設置

インプットが設置出来たらContent formatを[Password]に設定します。

②SettingsのGeneralの設定変更

SettingsのGeneralに移動し、[Expose the option to add an ID attribute to HTML elements][Expose the option to add an ID attribute to HTML elements]にチェックをします

こちらの設定を行うことで各エレメントにID Attributeを設定することができるようになります。

③パスワードinputにID Attributeの設定

再びDesignページに戻りパスワードinputを選択します。
パスワードinputを選択したら最下部にあるID Attributeを入力しましょう!
(ID Attributeは使いやすいものやわかりやすいものであれば何でも構いません!)

④Reveralとアイコンの設置の設置

Visual elementsからReveralを設置します。(Reveralの位置はどこでも基本的に大丈夫です。)
そしてinputの右側にお好みのアイコンを設置しましょう。

⑤アイコンの条件設定

アイコンのconditionalに[Reveal (~) Toggle visible is “”yes”]にてアイコンを変更するよう設定します。

⑥アイコンのワークフローの設定

Element ActionsからRevealのToggle a Revealを選択します。
ElementにReveal を設定し、idにinputに設定したID Attributeのpwd1を設定します。

これで設定は完了です。
最後にプレビューで実装の確認をしましょう。

この記事で少しでも開発力を高めることに寄与できていたら幸いです!

Bubbleをはじめノーコード開発に関する相談があればいつでもお待ちしてます!

無料で資料をダウンロード

ノーコード開発サービスのご案内

日本最大級のノーコード開発実績

  • EPICsのノーコード受託開発特徴
  • 支援実績・事例集
  • 料金・サービス提供の流れ

    氏名

    法人名

    メールアドレス

    電話番号

    送信ボタンを押すことで、個人情報の取扱いについてに同意したとみなされます

    「勉強になった!」「役に立った!」と思っていただけたら、是非シェアもお願いします!
    目次